転職活動に必要な資金はいくらかかる?退職後にする場合は?

   2017/07/16

転職活動でお金がない

 

転職したいです…

でも、転職活動に必要な資金はいくらかかるか、気になるのではないでしょうか?

今回は、転職活動に必要な資金はいくらかかるか、退職後にする場合は?について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

転職活動に必要な資金はいくらかかる?

 

転職活動に必要な資金は、在職中か退職後に転職活動をするかで変わってきます。なので、在職中の場合についてお伝えします。転職活動に必要な資金はいくらかかるかは、人によりますが、約40万円のようです

 

主に以下にお金がかかります。

  • 服飾費(スーツ、ネクタイ、シャツ、ベルト、靴などの服装、カバン、クリーニング代など)
  • 交通費・宿泊費
  • 雑費(履歴書・職務経歴書、写真代、パソコンなど)

 

もちろん、転職活動期間にもよりますし、すでにあるのであれば、必要ないものもありますので、1万円もかからないことだってあります。

 

そして、予想外にかかった出費で多いのが交通費です。面接の回数分や転職フェアに行くなら、それだけ交通費はかかりますし、もし面接地が遠い場合、その分だけお金がかかります(距離によっては、払ってくれる企業もあります)。

 

あとは、もし県外に転職する場合などは、引っ越しをするだけで30~50万円もしくはそれ以上かかる可能性もあります。とはいえ、在職中に転職活動をするなら、金銭面ではそこまで困らないと思います。

 

退職後にする場合は資金はいくら必要?

 

在職中に転職活動をするなら、働いているので金銭的にはそこまで困らないと思いますが、問題なのが退職後に転職活動をする場合です。

 

退職後にする場合は資金はいくら必要かは、人によりますが、約70万円のようです


スポンサーリンク

 

主に以下にお金がかかります。

  • 国民年金
  • 国民健康保険(または社会保険)
  • 住民税(市民税)
  • 生活費(家賃など)
  • 交際費(友人など)
  • 突然の出費
  • 前述した転職活動費

 

当たり前ですが、退職しても生活費はかかりますし、交際費や突然の出費もあればかかります。そして、会社員の時に意識していないのが、国民年金、国民健康保険、住民税です。

 

国民健康保険と住民税は、前年の収入によって変わるので稼いでいるだけ金額はかかる可能性がありますが、国民年金・国民健康保険・住民税で月に約4万円~約10万円くらいはかかると思っていた方が良いです。良ければ、退職後にかかる税金の種類は?支払いはいつか20代の体験談!の記事をご覧ください。

 

転職活動のお金はいくら準備・用意する?

 

転職活動のお金はいくら準備・用意するかは、人によりますが、在職中であれば、40万円、退職後の場合、100万円はあった方が良いと思います。正直、在職中であれば、そこまで気にする必要はないかと思いますが、退職後であれば、転職活動期間が長引くにつれ、お金に困る可能性があるからです。

 

転職活動をして、早ければ3週間以内や1ヶ月で内定が出る方もいますが、基本的には、3ヶ月はかかると思った方が良いです。退職後だと貯金、退職金、雇用保険の基本手当などでやりくりするかと思いますし、人によっては、バイトをしながら転職活動をする方もいます。

 

資金的に焦って、自分の目的や希望でない企業に仕方なく転職することは注意してほしいです。なので退職後であれば、3ヶ月間でかかる金額のシミュレーションを行い、必要なお金を確保できたら、退職後に転職活動をするのが理想です。

 

ただし、200万円かかった人がいるように、転職活動期間が長くなるだけ、その分費用もかかるので、余裕をもって転職活動されるのが良いかと思います。

 

まとめ

 

  • 在職中の転職活動に必要な資金はいくらかかるかは、人によるが、約40万円。
  • 退職後にする場合は資金はいくら必要かは、人によるが、約70万円。
  • 転職活動のお金はいくら準備・用意するかは、人によるが、在職中であれば、40万円、退職後の場合、100万円はあった方が良いと思う。

 

転職活動に必要な資金はいくらかかるか、退職後にする場合は?について、お伝えしました。

ご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA