転職活動で必要な持ち物は?写真や服装はどうする?

 

転職活動で必要な持ち物

 

転職活動を始めたいけど、転職活動で必要な持ち物って何なの?

あなたも疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、転職活動で必要な持ち物、写真や服装について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

転職活動で必要な持ち物は?

 

転職活動で必要な持ち物は、次のものです。

  • スーツなどの服装(ネクタイ、シャツ、ベルト、靴など)
  • カバン
  • 履歴書・職務経歴書
  • 写真
  • パソコン
  • 転職先に提出する書類(入社時)
  • 面接会場の地図
  • 筆記用具
  • メモ帳

 

パソコンの方が調べやすいですし、職務経歴書も作成するのに便利です。転職先に提出する書類は、主に退職時に受け取る書類(年金手帳、雇用保険被保険者証、源泉徴収票など)です。

 

他にも、財布、ハンカチ、ティッシュ、スマホ・携帯電話などは、持っていた方が良いですし、折り畳み傘や、もし遅れる・何らかのトラブルのときのために連絡先も確認しておいた方が良いです。

印鑑も個人情報の書類などで必要になるときもありますが、署名でも大丈夫です。

 

基本的には、面接前にメールなどで、通知されると思います。転職先の企業によって違う場合があるので、不安なら確認しておいた方が良いです。

 

転職活動の写真はどうする?

 

転職活動をする上で必要となる履歴書ですが、写真を貼る必要があります。

写真は、自分で撮る?スピード写真?写真館?と疑問に思うかと思います。

 

転職活動の写真は、写真館で撮った写真の方が間違いありません

 

最近ではスピード写真でも性能は良いですが、プロカメラマンに撮られる写真館の方が良いです。今まで転職のアドバイスをもらうと、必ず写真館です。

スポンサーリンク

自分で撮ったり、スピード写真でも内定したケースはあるようなので、企業によるのは確かですが、それでも写真館の方が無難です。

 

写真を撮るときの服装は、スーツです(男性の場合、ネクタイもつける)。

黒または紺のスーツに白い無地のシャツ、派手過ぎないネクタイが良く、クールビズのときも同様です。

 

ちなみに、写真を取り込んだり、写真を貼って印刷などは、画質が荒くなることもあるので、辞めた方が良いです。

写真館は私の場合、枚数やデータにもよりますが、3000円くらいかかりました。ちなみに、転職フェアに行くと、プロのカメラマンが履歴書用の写真撮影を無料で行っているので、企業・転職活動者を見るのも含めて、行ってみるのも良いかと思います。

 

転職活動で服装はどうする?

 

転職活動で服装はどうするかは、スーツは必須です(ただし、業界によっては、スーツでない場合もありますが、困ったときはスーツです)。

リクルートスーツでも問題ありません。

 

夏などは暑いので、シャツは半袖、移動時の外では上着を脱いで、会社に入る前に上着を着る方もいました。

あくまで面接官にもよりますが、身だしなみ(清潔感や着慣れてる感じ)は重要です。初対面の印象は、はじめの数秒で決まるとも言われているほどです。

個人的には、腕時計もした方が良いです。

 

まとめ

 

  • 転職活動で必要な持ち物は、スーツなどの服装(ネクタイ、シャツ、ベルト、靴など)、カバン、履歴書・職務経歴書、写真、パソコン、転職先に提出する書類(入社時)、面接会場の地図、筆記用具、メモ帳。他にも、財布、ハンカチ、ティッシュ、スマホ・携帯電話、折り畳み傘、連絡先、印鑑など。
  • 転職活動の写真は、写真館で撮った写真の方が間違いない。
  • 転職活動の服装は、スーツは必須(業界によっては、スーツでない場合もありますが、困ったときはスーツ)。

 

転職活動で必要な持ち物、写真や服装について、お伝えしました。

転職したい業界や会社を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA