雛人形の買い替えは良い?壊れたり他の理由で処分する?

   2017/07/16

雛人形の買い替え

 

3月といえば、ひな祭りですね。

雛人形の買い替えは良いか、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、雛人形の買い替えは良いか、壊れたり他の理由で処分するについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

雛人形の買い替えは良い?

 

雛人形の買い替えは良いかですが、買い替えても良いです。

ただし、雛人形は子供の身代わりであるという考えがありますので、まだ使えるのに処分するのは、できれば辞めた方が良いです。限界がくるその日まで、頑張っていただきます。

 

基本的に自分の雛人形は買い替えないことが多いので、買い替え時期はありません。

 

ただ、買い替えを検討している方の多くが、母から娘へと譲り受けた雛人形です。

できれば、雛人形は初節句までに新しく娘さん用に購入するのが良いので、娘さんに引き継いだ雛人形は買い替えにはなりません(娘さん用に新しく買ったことになるだけです)。

 

なので、途中で買い替えても罰あたりではなく、買い足しすることも特に問題ありません。

 

雛人形が壊れたり他の理由の場合は?

 

雛人形の買い替えの理由で、次の場合があります。

  • 雛人形が壊れた。
  • 雛人形のカビがすごい。
  • 雛人形を飾る・収納する場所がない。
  • 雛人形を出すのが面倒になった。
  • 気に入った雛人形があった。

 

できれば、すぐに雛人形は買い替えないで、仕方ない場合に買い替えます(他の付属品は、買い替えても構いません)。

スポンサーリンク

 

雛人形が壊れた・カビがすごい場合は、人形修理を検討します。購入した店に連絡したり、雛人形の修理屋(『雛人形修理』などで検索する)に相談します。自分で調べた時は、修理不可能だと思っても、店に相談すると解決することもあります。

 

雛人形を飾る・収納する場所がない・雛人形を出すのが面倒な場合は、リメイクをしている人形修理専門店もあるようですし、7段飾りなどの場合は、最低限必要だと思う雛人形などを残して、後は処分(人形供養)する方法もあります。

良ければ、雛飾りで最低限必要なものは?道具の名称に小物の意味は?の記事を参考にご覧ください。

 

気に入った雛人形がある場合は、新しいのを買うのは問題ありませんが、できれば両方飾るのが良いです。場所がない場合は、前述した雛人形を飾る・収納する場所がない場合のことを検討します。

 

上記でも難しい(どうしてもひな人形を買い替えたい、買い替えなければならない)のであれば、前の人形を供養に出します。

 

雛人形を処分する?

 

どうしても雛人形を買い替えたい、買い替えなければならない場合、雛人形を処分します。

雛人形を処分する場合、人形供養した方が良いです(人形に限らず、目のあるものはやたらに捨てない)。

人形供養は、日本人形協会でも供養の代行を行っていますし、お寺や神社でも供養をしているところもあります(もちろん、供養料などは発生します)。

 

まとめ

 

  • 雛人形の買い替えは良いかは、買い替えても良い。ただし、雛人形がまだ使えるのに処分するのは、できれば辞めた方が良い。
  • 雛人形の買い替えの理由は、雛人形が壊れた、雛人形のカビがすごい、雛人形を飾る・収納する場所がない、雛人形を出すのが面倒、気に入った雛人形があるなどがある。
  • どうしても雛人形を買い替えたい、買い替えなければならない場合、雛人形を人形供養した方が良い。

 

雛人形の買い替えは良いか、壊れたり他の理由で処分するについて、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、行っていただければと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA