シャボン玉が割れにくい作り方は?材料にはちみつを使う?

   2016/10/20

シャボン玉

 

子供のころによく遊んだシャボン玉…

今では子供と遊んで、なるべくなら割れにくいシャボン玉を作りたいとは思いませんか?

最近、テレビを見ていて、シャボン玉を割れにくくするために、はちみつを使うのが良いと見たので、調べてみました。

 

スポンサーリンク

シャボン玉が割れにくい作り方は?

 

シャボン玉の作り方は、基本的に混ぜるだけです。

あとはシャボン玉を膨らますために、先を切って開いたストローなどを用意するだけです。

 

そして、問題なのが何を入れて作ったら、割れにくいシャボン玉になるかです。

調べてみました。

 

市販のシャボン液を使う場合

砂糖と洗濯のりとはちみつを入れるのが良いです。

割合は砂糖(少し少なめ)、洗濯のりとはちみつが同じくらいのようで、子供が勢いよく吹くくらいなら割れにくいシャボン玉になります。

他にも、グリセリン(薬局やドラッグストアで売っている)を混ぜると良いようです。

 

市販のシャボン液を使わない場合

水と台所洗剤と洗濯のりに、砂糖またはガムシロップを少し入れるのが良いです。

割合は水と洗濯のりが同じくらいで、台所洗剤を(20分の1~10分の1)入れます。(少しずつ洗剤をたらして、シャボン玉が出来るか確認しながら、調節する)

スポンサーリンク

 

他にも、ぬるま湯、石鹸または台所用洗剤、グリセリンを1:1:3の割合で作ったり、水に石けんや洗剤、さらに砂糖もしくははちみつ、グリセリンなどを加えるという作り方もありました。

 

共通しているのが、水は一度沸騰させた方が良いです。

 

シャボン玉が割れにくい材料は?

 

シャボン玉が割れにくいためには、次のような材料のどれか(複数もあり)を入れていました。

  • 洗濯のり(PVA:ポリビニルアルコール)
  • はちみつ
  • 砂糖
  • ガムシロップ
  • グリセリン

 

これらが多い印象でした。

やはり、はちみつも入ってますね。

 

シャボン玉が割れにくいためにはちみつを使う?

 

ネットを見ると、洗濯のりが良いという方もいましたが、前述したとおり、はちみつを使うやり方もありました。

ただ、他にも入れているので、はちみつだけでは、難しいのかもしれません。

調べていて、洗濯のり、グリセリンが良いと思いますが、ない場合は、はちみつ、砂糖、ガムシロップを試してみても良いと思います。

 

まとめ

 

  • シャボン玉が割れにくいために、はちみつを使うやり方もある。
  • シャボン玉が割れにくい作り方は、洗濯のり、グリセリンを入れるのがすごそうですが、ない場合は、はちみつ、砂糖、ガムシロップなどを入れる。

 

シャボン玉が割れにくい作り方、材料にはちみつを紹介しました。

間違って飲まないように注意が必要です。少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA