バッティングセンターで打つコツはあるの?初心者が当たらない時どうする?

 

バッティングセンターで打つコツ

 

今度、友人・彼女とバッティングセンターに行きます!

でも、全然当たらなかったらどうしよう…と悩んでいるのではないでしょうか?

今回は、バッティングセンターで打つコツはあるのか、初心者が当たらない時どうするについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

バッティングセンターで打つコツはあるの?

 

私は最近ではバッティングセンターに行く頻度が低くなりましたが、以前は月に1回以上、今まで10箇所以上のバッティングセンターに行きました。社会人野球の試合ではあまり打てなかった私ですが、バッティングセンターはホームランも数回打ったことがあるので、私の考えをお伝えします。

 

バッティングセンターで打つコツはあるのか悩まれるかと思います。バッティングセンターで打つコツはあるのかは、あります

 

私も初めてバッティングセンターに行った時は、20球中18球は空振りってくらいひどいものでしたが、コツをつかんでからは、120キロまでならいい当たりをするようになりました。バッティングセンターで打つコツは、ボールが来る高さを確認しタイミングを合わせることです。

 

バッティングセンターというのは実際の試合と違って、ボールは決まったところに来ることが多いです(たまに変になる時もありますが)。そのボールが来るところは、高さ調整があるはずなので、自分が打ちやすい高さにします。

 

そして、タイミングですが、初心者が打てない場合に多いのが、自分のスイングスピード(バットを振るスピード)を把握できていません。つまり、ボールが見えていたとしても自分のスイングスピードが速ければ、自分の予想以上にボールが手前に来た時に振る必要がありますし、遅ければ手前だとボールが通過しているので少し早めに振るなどする必要があるわけです。

 

なので、あなたがいつバットを振ればボールに当たるかのタイミングをとることが大切です。ちなみに、ホームランを当てるコツもタイミングが重要で、他にバットの芯で当てる必要があります。

 

右打者の例でいくと、ホームランボードの場所を確認し、バットを振るタイミングを左であれば、少し早めに振ったり、真ん中や右側であれば、少し遅めに振ったりなどです。個人的には、110キロのボールが一番打ちやすく、高さを真ん中より少し低くすることでホームランボードの位置まで上げやすいです。

 

ちなみに、ホームランといっても実際の試合では外野フライというような打球も多いです。そのバッティングセンターの広さにもよるので仕方ありませんが、ホームランといってもおもいっきり振る必要はないわけです。


スポンサーリンク

 

バッティングセンターのコツで初心者が意識すること

 

バッティングセンターのコツで初心者が意識することは、以下があります。

 

ボールの高さ

バッティングセンターが初めてのような初心者の場合、何もわからないので、そのまま打席に入ってしまいますが、ボールが高すぎたり、低すぎたり、無理に打とうとしてしまいます。

高、低などのボタンでボールの高さ調整ができるはずなので、自分の打ちやすい高さにした方が良いです。

 

立つ位置

基本的にベースの位置で打ちますが、80キロなどスローボールの時は、あまり後ろにいると変化球のように自分の手前で落ちることがあるため、少し前の位置の方が打ちやすいこともあります。

状況を見て、自分の打ちやすい位置を探した方が良いです。

 

タイミング

前述したとおり、タイミングは大切です。本来バットが出ていなければいけないタイミングに足を上げるなどする方もいますが、それだと遅いです。

基本的にバッティングフォームは自分が打ちやすければ何でも良いと思いますが、足を上げるタイミングや振り出すタイミングは計るようにします。

 

スイング軌道

実は私もはじめしてしまってましたが、バットはしっかり握っていないと先端が下がることがあります。

右打者の私の場合、バットを持つ上にくる右手が少し軽く握っていたからか、振っている時にバットの先端が下がってしまい、当たらないことがありました。

 

その他

ボールを良く見たり、脇を絞めるなどもよく目にしますが、基本的にバッティングセンターで初めてならまだしも数球来たら、ボールは見ていることが多いですし、脇を絞めると初心者だと打ちにくいこともあります。

なので、試合のための練習とかではなく、ただバッティングセンターで遊ぶのが目的であれば、フォームも含めて自分の打ちやすい打ち方で良いと思います。

 

他には、手にマメができていることも多いので、バッティンググローブや軍手など使った方が打ちやすいです。

 

バッティングセンターでバットにボールが当たらない時どうする?

 

何度バットを振ってもバットにボールが当たらないこともあるかと思います。バッティングセンターでバットにボールが当たらない時どうするかは、タイミングを計り、練習あるのみです。

 

前述した、バッティングセンターのコツで初心者が意識することはしてほしいですが、バッティングセンターにはアーム式とピッチャー映像のものがあります。どちらもいつボールが来るかをしっかり見て、タイミングをとるようにすれば良いです。

 

他には、バットも長く重いのと、短く軽いのがあることが多いですが、はじめは長い方を使いがちですが、ボールが当たらないなら振り遅れている可能性もあります。短く軽いバットを使うなど、いろいろ試されるのが良いかと思います。

 

基本的には、ボールの高さを調整して、ひたすらタイミングをとれば、バットにボールが当たるはずですので、それでも空振りするなら、あとは練習あるのみだと思います。

 

まとめ

 

  • バッティングセンターで打つコツはあるのかは、ある。バッティングセンターで打つコツは、ボールが来る高さを確認しタイミングを合わせること。
  • バッティングセンターのコツで初心者が意識することは、ボールの高さ、立つ位置、タイミング、スイング軌道など。
  • バッティングセンターでバットにボールが当たらない時どうするかは、タイミングを計り、練習あるのみ。

 

バッティングセンターで打つコツはあるのか、初心者が当たらない時どうするについて、お伝えしました。

バッティングセンターと自分を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA