中秋の名月に食べ物は何食べる?献立のメニューにお菓子は?

   2017/09/15

中秋の名月の食べ物

 

中秋の名月があります。

中秋の名月に食べ物は何食べるか、疑問になるのではないでしょうか?

今回は、中秋の名月に食べ物は何食べるか、献立のメニューにお菓子について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

中秋の名月に食べ物は何食べる?

 

中秋の名月に食べ物は何食べるか疑問になるかと思います。中秋の名月に食べ物は何食べるかは、お団子や、旬の野菜・果物や、卵をお月さまに見立てている料理を食べるご家庭が多いです。

 

中秋の名月には、農耕に役立ってきた月に、秋の収穫物への感謝からお供え物をして祈ったようにお供え物をするわけですが、お供え物はしばらくお供えしたら食べても良いです。供えたものを下げて頂くことで、神様との結びつきが強くなるためのようです。

 

食べ物のお供え物には、例えば、以下があります。

  • 月見団子
  • 枝豆
  • 里芋
  • さつまいも
  • ぶどう
  • なし

 

などです。食べ物ではないですが、御酒などもあります。基本的には、月見団子をお供えして食べたり、月見酒をしたり、お月見しなくても卵をお月さまに見立てている料理を食べたりなどご家庭によって様々です。

 

ですが、中秋の名月を気にしないご家庭もありますし、地域によって違うこともありますので、地域の風習を考慮してご家庭で決められるのが良いかと思います。

 

中秋の名月の日の献立のメニューはどうする?

 

中秋の名月の日の献立のメニューはどうするか悩まれるかと思います。中秋の名月の日の献立のメニューはどうするかは、旬の野菜を使った料理や、卵をお月さまに見立てている料理などを食べるなどします。ですが、特に気にせず普段と同じような献立のメニューのご家庭も多いです。


スポンサーリンク

 

中秋の名月の日の献立のメニューは、例えば、以下があります。

  • 栗ごはん
  • 里芋の煮物
  • けんちん汁
  • だんご汁
  • コロッケ(さつまいもなど)
  • 枝豆
  • 月見そば・うどん
  • 月見バーガー
  • 鶏つくね

 

などです。お芋を使った料理を出すところが多いです。他にも、焼きサンマや衣かつぎという里芋を蒸すだけの簡単な料理を食べるご家庭もありました。

 

お子さんのいるご家庭の場合、目玉焼きハンバーグや、台湾のように焼肉でも良いかもしれません。ご家庭の事情を考慮して、決められるのが良いかと思います。

 

中秋の名月に食べるお菓子は?

 

中秋の名月に食べるお菓子は、月見団子です。お月見団子は、お米を粉にした米粉(一般的に家庭で使われる、白玉粉・上新粉・だんご粉の3種類がある)を使用して作ります。

 

初めてで不安な場合、お団子用の粉であるだんご粉(うるち米ともち米を同じくらいの割合で混ぜた米粉)が扱いやすく簡単に作れるかと思います。

 

あんこやきなこなど、お好みの味付けで食べたり、デザートとして、缶詰のフルーツと混ぜて白玉ポンチなどにしても良いかもしれません。

 

月見団子以外にも、以下があります。

  • お月見饅頭
  • 月餅(げっぺい)

 

他にも、おはぎを食べるご家庭もありました。基本的には、うさぎの形やうさぎの模様が刻まれた月うさぎの月餅や饅頭であることも多いです。

 

食べるお菓子は地域やご家庭によって様々かもしれませんが、少しでも参考になればと思います。

 

まとめ

 

  • 中秋の名月に食べ物は何食べるかは、お団子や、旬の野菜・果物や、卵をお月さまに見立てている料理を食べるご家庭が多い。
  • 中秋の名月の日の献立のメニューはどうするかは、旬の野菜を使った料理や、卵をお月さまに見立てている料理などを食べるなどする。
  • 中秋の名月に食べるお菓子は、月見団子。

 

中秋の名月に食べ物は何食べるか、献立のメニューにお菓子について、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

良ければ、以下の記事も合わせてご覧ください。

中秋の名月って何をするの?時期はいつで過ごし方はどうする?

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA