中秋の名月って何をするの?時期はいつで過ごし方はどうする?

   2017/09/14

中秋の名月は何する

 

中秋の名月があることを知りました!

中秋の名月って何をするのか、疑問になるのではないでしょうか?

今回は、中秋の名月って何をするのか、時期はいつで過ごし方はどうするについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

中秋の名月って何をするの?

 

中秋の名月って何をするのか疑問になるかと思います。中秋の名月って何をするのかは、ススキを飾って丸いお団子を供えて、月を眺めます(本来は収穫の感謝やお祈りもします)。ただ、月を眺めながら食事したり、お団子などを食べる方が多く感じました

 

場所は、例えばベランダなど、月が見えるところにテーブルを置くなどして、その上に三方などにのせた団子などを置きます。ススキ以外にも秋の七草を飾ったり、里芋・枝豆・栗・ぶどうなどの旬の野菜や果物、御酒を供えてお月見されることもあります。

 

月見団子を供える数は、その年に出た満月の数(12個、閏年は13個)や、十五夜だから15個(下から9個、4個、2個)という説がありますが、5個にする場合など様々です。お月見が終わったら下げて、お供えものは食べても良いです。

 

月と同じく丸い団子をお供えして食べることで、健康と幸せが得られると考えられ、ススキを飾る理由は、ススキは神様の依り代と考えられているためです(本来は稲穂を供えたいところですが、中秋の名月頃は、昔はその時期に供える稲穂がなかったため、似ているススキとなったようです)。

 

中秋の名月の時期はいつ?

 

中秋の名月の時期はいつか疑問になるかと思います。中秋の名月の時期はいつかは、旧暦8月15日の夜となります。なので、月見に関して『十五夜(じゅうごや)』という場合、八月十五夜を意味することが多いです(他に月見には、十三夜(じゅうさんや)、十日夜(とおかんや)もあります)。

スポンサーリンク

 

旧暦8月15日を現在の新暦に変換すると9月上旬~10月上旬(9月7日~10月8日頃)のどれかの日ですので、年によって日にちは変わります。

 

ちなみに、中秋の名月とは、読み方は『ちゅうしゅうのめいげつ』と言い、中秋(旧暦の時代の秋(7月・8月・9月)の真ん中)に出る月のことです。この時期に収穫されたばかりの里芋を供えることから、芋名月(いもめいげつ)と呼ぶところもあります。

 

そして、中秋の名月は満月だと思われがちですが、満月でないことが多いです。新月から満月までの日数が14日間から16日間と、1日または2日ずれることがあるためです。それに時間も年によって違います。とはいえ、ほとんど満月に見えると思いますので、問題ないと思います。

 

中秋の名月の過ごし方はどうする?

 

中秋の名月についてお伝えしましたが、中秋の名月の過ごし方はどうするか悩まれるかと思います。中秋の名月の過ごし方はどうするかは、お月見する方もいれば、何もしない方もいます

 

中秋の名月自体を知らない方も多いため、何もしない方も多いです。ただ、中秋の名月の頃は、月がとても美しく見える時期なので、お月見しながら団子など食べられても良いかと思います。

 

もし、月見をしない場合でも、団子や、旬の野菜を使った料理(里芋の煮物や栗ごはん、枝豆など)や、ブドウなどの果物を食べたり、卵をお月さまに見立てている月見そば・うどん、月見バーガー、鶏つくねなどを食べるのも良いかと思います。

 

中秋の名月の過ごし方は、ご家庭によって様々なので、ご家庭の事情を考慮してどう過ごされるか決められるのが良いかと思います。

 

まとめ

 

  • 中秋の名月って何をするのかは、ススキを飾って丸いお団子を供えて、月を眺める。月を眺めながら食事したり、お団子などを食べる方が多く感じた。
  • 中秋の名月の時期はいつかは、旧暦8月15日(現在でいうと9月上旬~10月上旬(9月7日~10月8日頃)のどれかの日)の夜。
  • 中秋の名月の過ごし方はどうするかは、お月見する方もいれば、何もしない方もいる。

 

中秋の名月って何をするのか、時期はいつで過ごし方はどうするについて、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA