母の日に現金を贈るなら金額の相場は?渡し方やメッセージは?

   2017/07/16

母の日に現金を贈る

 

母の日に現金を贈ろうと考えています!

母の日に現金を贈るなら金額の相場など、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、母の日に現金を贈るなら金額の相場、渡し方やメッセージについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

母の日に現金を贈るなら金額の相場はいくら?

 

母の日に現金を贈るなら金額の相場はいくらかは、1万円のようです。あまり高価だと相手が気を遣うこともあるためです。できれば新札が良いですが、新札がない場合は綺麗なお札を贈った方が良いです。

 

ただし、親・祖父母ならこだわらなくても良いと思いますが、ご家庭によっては、目上の方に現金は見下されているといった印象を与えて失礼だと思われる可能性もあるので、注意が必要です。なので、何か買うときの足しにしたり、二人で温泉旅行などゆっくりしてきたら?のように用途があるように伝えれば良いと思います。

 

他にも、学生の場合、自立していないので、プレゼントに現金を贈るのは控えた方が無難です。

 

母の日の現金の渡し方は?

 

母の日の現金の渡し方は、直接渡すか、現金書留で送ります。ご祝儀袋は必要か疑問に思うかもしれませんが、ご祝儀袋に入れて渡す方もいますが、個人的には、ポチ袋が良いと思います

スポンサーリンク

 

直接渡す場合、『お母さん、いつもありがとう』や『何か好きなもの、欲しいもの買ってね(買うときの足しにしてね)』など、シンプルでも良いので、言葉を伝えます。

いつ渡すかのタイミングですが、母の日の母親に会う瞬間、朝一番、二人きりの時などが良いと思います。母の日のプレゼントはいつ渡しても良いとは思いますが、お祝い事は午前中にという地域の風習があるところもあるので、考慮した方が良いです。

 

贈る場合、現金を直接、現金書留専用封筒に入れないで、ポチ袋や柄付きの封筒などに入れてからが良いです。そして、手紙やポチ袋などにメッセージを手で書くのが良いかと思います。例えば、ポチ袋の裏に一言『お母さんいつもありがとう』などです。

 

母の日に贈る現金にメッセージはどうする?

 

母の日に贈る現金にメッセージはどうするかは、手書きの文章で感謝の気持ちを伝えるのが良いです。『いつもありがとう』、『長生きしてね』など、感謝の言葉や身体を気遣う気持ちなどを書きます。

 

母の日に贈るメッセージの例です。

母の日に贈るメッセージの例
お母さんいつもありがとう

これからも身体に気を付けて

いつまでも元気でいてね

 

感謝の気持ちが大事なので、このようなシンプルなメッセージでも良いと思います。

 

まとめ

 

  • 母の日に現金を贈るなら金額の相場はいくらかは、1万円。
  • 母の日の現金の渡し方は、直接渡すか、現金書留で送る。ご祝儀袋に入れて渡す方もいますが、個人的には、ポチ袋が良いと思う。
  • 母の日に贈る現金にメッセージはどうするかは、手書きの文章で感謝の気持ちを伝えるのが良い。

 

母の日に現金を贈るなら金額の相場、渡し方やメッセージについて、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA