こどもの日のお祝いを女の子でもする?仕方やプレゼントはどうする?

   2017/07/16

こどもの日のお祝いを女の子

 

こどもの日があります。

でも、こどもの日のお祝いを女の子だけでもするか、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、こどもの日のお祝いを女の子でもするか、仕方やプレゼントはどうするについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

こどもの日のお祝いを女の子でもする?

 

こどもの日のお祝いを女の子でもするかは、お祝いしても良いです。

 

こどもの日である5月5日と言えば、端午の節句なので、男の子のお祝いの日と思われがちですが、こどもの日でもあります。5月5日は、端午の節句で、その後『こどもの日』という祝日にもなり、祝日法第二条で『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する』という男女共通の日なので、女の子でもお祝いしても問題ありません。

 

なので、どこかに出かけたり、外食、自宅でも普段より豪華な食事にすることも多いです。とはいえ、女の子は3月3日の上巳の節句・桃の節句(ひな祭り)、5月5日は端午の節句=男の子のお祝いの日と思われることが多いのは確かですし、地域の風習やそのご家庭の方針があると思いますので、ご家庭で決めるのが良いかと思います。

 

こどもの日のお祝いの仕方は?

 

こどもの日のお祝いの仕方は、こいのぼりを上げたり、鎧や兜を飾ったり、ちまき、柏餅を食べたりなどですが、女の子だけの場合、疑問になるかと思います。

スポンサーリンク

 

女の子の場合、こいのぼりを上げたり、鎧や兜を飾ったりは、しないご家庭が多いですが、ちまき、柏餅を食べたり、外食や自宅でも普段より豪華な食事(子どもの好きなもの、喜ぶもの)をするご家庭はあります

 

こいのぼりを上げたり、鎧や兜を飾ることは、男の子の成長と健康を願うためにした端午の節句の風習のためです。でも、ちまきは邪気払いのため、柏餅は子孫繁栄を願って食べるところはあります。

お子さんが喜ぶなら、積極的にお祝いをするのが良いかと思います。

 

こどもの日に女の子でもプレゼントはする?

 

こどもの日に女の子でもプレゼントはするかは、ご家庭の事情によります

こどもの日にプレゼントは、自分がもらったことがあるかないかで、あげるかどうかに影響しているようです。

 

なので、こどもの日にプレゼントは、あげないという方も多いですが、気持ちが大事なのでプレゼントしても良いと思いますし、それにプレゼントはあげなくても、ケーキや普段より豪華な食事にすることは多いようです。

 

良ければ、こどもの日にプレゼントはあげる?何歳までかおすすめは?の記事をご覧ください。

 

まとめ

 

  • こどもの日のお祝いを女の子でもするかは、お祝いしても良い。
  • こどもの日のお祝いの仕方は、女の子の場合、こいのぼりを上げたり、鎧や兜を飾ったりは、しない家庭が多いが、ちまき、柏餅を食べたり、外食や自宅でも普段より豪華な食事(子どもの好きなもの、喜ぶもの)をする家庭はある。
  • こどもの日に女の子でもプレゼントはするかは、ご家庭の事情による。こどもの日にプレゼントは、あげないという方も多いが、プレゼントしても良いと思いますし、ケーキや普段より豪華な食事にすることは多い。

 

こどもの日のお祝いを女の子でもするか、仕方やプレゼントはどうするについて、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA