入社式で中小企業の1日の流れは?服装など私の体験談を紹介!

 

入社式

 

中小企業の入社式があります。

入社式で中小企業の1日の流れなど、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、入社式で中小企業の1日の流れ、服装など私の体験談を紹介します。

 

スポンサーリンク

入社式で中小企業ではどんな感じ?

 

私は、150人くらいの規模の中小企業にいました。その入社式の時の体験談を紹介します。

 

入社式で中小企業ではどんな感じかは、テレビでよく見るような大規模な感じではありませんでした。新入社員も私を含めて10人くらいだったので、専用の会場ではなく、自社の会議室で行いましたし、入学式のような大きな感じではなかったので、あまり式という感じはしませんでした

 

参加者は全社員というわけではなく(会社の仕事がとまるため)、社長や部長などの代表者です。最近では、保護者も参加したりするようですが、私の時は親は参加しませんでした。

 

ただし、入社式といっても企業によって様々なので、会社の規模や社風などを考慮した方が良いと思います。

 

入社式の1日の流れは?

 

入社式の1日の流れは、私の場合、以下でした。

  1. 入社式開会の挨拶
  2. 社長挨拶
  3. 入社辞令交付
  4. 新入社員紹介
  5. 閉会のことば
  6. 記念写真撮影
  7. オリエンテーション
  8. 懇親パーティー

 

企業によっては、新入社員代表の挨拶(答辞)があるようですが、私の場合ありませんでした。他にもあるかもしれませんが主な流れは以上です。

入社式の時間自体は、1時間から2時間程度で午前中で終わりました。昼食も社長や部長などと食べた気がします。

 

入社式後には全体の記念写真撮影とは別に社員証用の写真を撮ったり、オリエンテーションがありました。オリエンテーションでは、会社の規則の説明や会社の施設の紹介、今後の予定などです。

スポンサーリンク

 

私はIT系でしたが、まだその時の段階では配属は決まりませんでした。ちなみに入社式の次の営業日もオリエンテーションでその次から研修期間(2ヶ月くらい)に入りました。

 

入社式の就業時間が終わると懇親パーティーが2時間くらいありました。そこは専用の会場があり、社長や部長だけでなく、今後配属されるかもしれない部署の課長や先輩社員などもいました。

 

個人的に、入社式の1日で面倒だったのが、自己紹介です。入社式や懇親パーティーの時も自己紹介をしたり、その後も自己紹介が多かったので大変でした。自己紹介は、名前や出身地、卒業した学校、趣味、抱負などを言えば良いと思います。

 

入社式の服装は?

 

入社式の服装は、スーツが良いです。私は就活の時に来ていたスーツで行きました

 

私の場合、IT系だったのでスーツで行きましたが、会社で指定があったり他の業界の場合は、スーツでないこともあるようです。でも、多いのがスーツだと思います。

 

色は黒色や濃紺が多く、女性はパンツスタイルより、スカートの方が無難です。カバンも就活のときに使っていたものが良いです。

ワイシャツの下にはTシャツなどを着ると柄が透けて見えてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

私の場合、黒色のスーツ、白のワイシャツ、黒色の靴下、紺のネクタイ(無地ではない)、黒色のカバンで行きました。同期の女性も黒色のスーツ(スカート)、白のワイシャツでした。

 

まとめ

 

  • 入社式で中小企業ではどんな感じかは、テレビでよく見るような大規模な感じ(入学式のような大きな感じ)ではなかったので、あまり式という感じはしなかった。
  • 入社式の1日の流れは、私の場合、入社式開会の挨拶、社長挨拶、入社辞令交付、新入社員紹介、閉会のことば、記念写真撮影、オリエンテーション、懇親パーティー。
  • 入社式の服装は、スーツが良い。私は就活の時に来ていたスーツで行った。

 

入社式で中小企業の1日の流れ、服装など私の体験談を紹介しました。

入社する企業を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA