花粉症だとコンタクトレンズか眼鏡か?目がかゆい時に目薬は?

   2017/01/14

花粉症でコンタクトレンズ

 

花粉症になりました。しかも、コンタクトレンズをしています。

そんなあなたは、花粉症だとコンタクトレンズか眼鏡か、悩んでいるのではないでしょうか?

今回は、花粉症だとコンタクトレンズか眼鏡か、目がかゆい時に目薬について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

花粉症だとコンタクトレンズか眼鏡かどっち?

 

花粉症だとコンタクトレンズか眼鏡かどっちかは、できれば眼鏡が良いです。

 

花粉症でコンタクトレンズをつけていると、目がかゆい時にゴシゴシ強くこすった場合に、レンズがズレたり外れたりするだけでなく、角膜にキズがついてしまう可能性があるからです。それに目がゴロゴロしたり(違和感)、目のかゆみ、充血、涙が出ることで曇る原因となったり、コンタクトがずれやすかったりします。

 

ただ、花粉症が軽ければ、コンタクトレンズを装着していても良いと思いますが、レンズについた花粉は洗浄液で洗ってもとれにくく、逆に、こすり洗いによってレンズにすり込んでしまう可能性があります。

 

なので、どうしてもコンタクトレンズをつけたい場合は、2週間交換タイプ(2week)を使っている場合でも、ワンデー(1Day)使い捨てのソフトコンタクトレンズを使うのが良いです。

 

ワンデー(1Day)使い捨てのソフトコンタクトレンズは、コンタクト取り扱いのお店(メガネ店、コンタクト店、眼科)であると思いますが、眼科の診察が必要となるので、併設されているところを探した方が良いと思います。

もし、コンタクト(1day)を入れて、目に異変があるようなら、すぐに眼科へ行った方が良いです。

 

花粉症で目がかゆい時にコンタクトレンズは?

 

花粉症で目がかゆい時にコンタクトレンズは、できればしないで眼鏡の方が良いです。花粉症対策のメガネが効果があるようです。他にも、普通の眼鏡をかけていても、目マスクというのもあります。

スポンサーリンク

 

でも、どうしてもコンタクトレンズをする場合は、コンタクトレンズをつける前に目薬をして、5~10分後(目薬の説明などをよく確認する)にコンタクトレンズを装着するのが良いと思います。

 

花粉症で目がかゆい時には、家では花粉対策に空気清浄機を使ったり、外ではコンタクトレンズをはずして目薬やアイボンをしたり(ただし、使いすぎない)、花粉症用メガネをつけるなどします(コンタクトレンズを着用して、度なしの花粉症用メガネをかける)。

他にも、薬を飲むのも良いかもしれません。

 

花粉症でコンタクトレンズをしてても目薬は?

 

花粉症でコンタクトレンズをしてても目薬は、基本的にしない方が良いです。基本は、レンズをつける前と外した後に目薬した方が良いです。

ハードコンタクトの場合は良いかもしれませんが、ソフトコンタクトの場合は注意が必要です。

 

薬液に防腐剤がふくまれていて、レンズに付着してしまうと、レンズが変形や変色してしまう場合があったり、レンズが白く濁って使えなくなるためです。

それでも中には、ソフトコンタクトレンズをしたままでも目薬できる、ロートアルガードコンタクトやビュークリアキュアコンタクトなどもありますので、目薬をする場合は、前もって確認をしたり、眼科へ行って自分に合った目薬を探した方が良いです。

 

痒みを止めることではなくて、目を洗うという目的であれば、『人工涙液』でも良いと思います(同じくソフトコンタクトレンズでも使えるか確認はする)。

 

まとめ

 

  • 花粉症だとコンタクトレンズか眼鏡かどっちかは、できれば眼鏡が良い。コンタクトレンズをつけたい場合は、ワンデー(1Day)使い捨てのソフトコンタクトレンズを使うのが良い。
  • 花粉症で目がかゆい時にコンタクトレンズは、できればしないで眼鏡の方が良い。どうしてもコンタクトレンズをする場合は、コンタクトレンズをつける前に目薬をして、5~10分後(目薬の説明などをよく確認する)にコンタクトレンズを装着するのが良い。
  • 花粉症でコンタクトレンズをしてても目薬は、基本的にしない方が良い。基本は、レンズをつける前と外した後に目薬した方が良い。中には、ソフトコンタクトレンズをしたままでも目薬できるものもある。

 

花粉症だとコンタクトレンズか眼鏡か、目がかゆい時に目薬について、お伝えしました。

自分自身や状況を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA