花粉症でもカラコンはする?充血した時や目薬はしても良い?

 

花粉症でもカラコン

 

花粉症になりました。しかも、カラコンをしています。

そんなあなたは、花粉症でもカラコンはするか、悩んでいるのではないでしょうか?

今回は、花粉症でもカラコンはするか、充血した時や目薬はしても良いについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

花粉症でもカラコンはする?

 

花粉症でもカラコンはするかは、しない方が良いです。

 

花粉症でカラコンしていると、目がかゆい時にゴシゴシ強くこすった場合に、レンズがズレたり外れたりするだけでなく、角膜にキズがついてしまう可能性があるからです。

詳しくは、花粉症だとコンタクトレンズか眼鏡か?目がかゆい時に目薬は?の記事をご覧ください。

 

なので、花粉症の時期だけでもカラーコンタクトの使用を控えるのが無難だと思います。

とはいっても、カラコンする、すでにカラコンしてしまったなんて方もいるかと思います。

 

花粉症でカラコンして充血した時は?

 

花粉症でカラコンして充血した時は、眼科で受診した方が良いです。

 

充血で痛みがあればカラコンの使用は控えた方が良いと思います。花粉症(花粉による結膜炎)や無理なカラコン装着(酸素不足)などが原因かもしれません。

なので、自分の目がどういう状態なのか、しっかり眼科で検査するのが良いです。

 

もし、すぐに眼科に抵抗がある場合、ひとまず、ソフトサンティアなどの人工涙液で目を洗い流し、コンタクトはやめて様子を見ても良いかもしれません。充血が治らなかったり、痛み、目やにの症状が出てくるようなら迷わず眼科です。

スポンサーリンク

 

花粉症でカラコンしてても目薬はしても良い?

 

花粉症でカラコンしてても目薬はしても良いかは、目薬によります

ただ、市販の目薬でソフトコンタクトレンズをつけたままでできる場合であっても、カラコンではできないことがあります

 

ロートアルガードコンタクトやビュークリアキュアコンタクトなどもコンタクトをつけたままできるようですが、『カラーコンタクトレンズを除く』、『カラーコンタクトレンズ装用時には使用しないでください。』などカラコンではできなかったりします。

 

目薬は涙とは違い、いろいろな成分が添加されているため、それらの影響でカラコンの色素が溶けだしてくる可能性があるのかもしれません。

なので、カラコン(ソフトコンタクトレンズ)を使用しているときは、たいていの目薬が使用できないと思った方が良いです。

 

どうしても使用したい場合、一度診てもらった眼科医に相談した方が良いです。

 

もし、すぐに眼科に抵抗がある場合、カラコンをはずして(裸眼時)に目薬をして、5~10分後(目薬の説明などをよく確認する)にレンズを装着するか、ソフトサンティアなどの人工涙液を検討しても良いかもしれません。

ソフトサンティアでもひとみストレッチはカラコン装着時は使用不可なので、しっかり確認する必要があります。

 

まとめ

 

  • 花粉症でもカラコンはするかは、しない方が良い。
  • 花粉症でカラコンして充血した時は、眼科で受診した方が良い。
  • 花粉症でカラコンしてても目薬はしても良いかは、目薬による。市販の目薬でソフトコンタクトレンズをつけたままでできる場合であっても、カラコンではできないことがある。どうしても使用したい場合、一度診てもらった眼科医に相談した方が良い。

 

花粉症でもカラコンはするか、充血した時や目薬はしても良いについて、お伝えしました。

自分自身や状況を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA