4月でも目がかゆいし鼻水が出るけど花粉症まだ続くの?

 

4月でも目がかゆいし鼻水が出る

 

4月でも目がかゆいし鼻水が出る…

花粉の時期って終わったんじゃないの?って疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、4月でも目がかゆいし鼻水が出るけど花粉症まだ続くの?について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

4月でも目がかゆいし鼻水が出るのは何で?

 

4月でも目がかゆいし鼻水が出るのは何でかは、花粉症の可能性があります

 

地域にもよりますが、スギ花粉が2月~4月が多く(特に3月が多い)、ヒノキ花粉が3月中旬~5月上旬(特に4月が多い)と多いです。スギに反応しやすい方は、ヒノキにも反応することが多いので、スギ花粉のピークが終わっても、ヒノキ花粉がピークでひどくなり辛いことがあります。

 

つまり、4月になって、目のかゆみ、鼻水、くしゃみなどが出たり、ひどくなるなら、ヒノキ花粉による花粉症かもしれないということです。

そして、花粉症は突然なります。詳しくは、花粉症はうつる?突然かかる?症状や原因は何?の記事をご覧ください。

 

とはいえ、4月は気温の変化や環境の変化がある時期なので、もしかしたら風邪だったり、別の原因かもしれません。また、症状がひどい場合は病院で医師に診断をしてもらうことをオススメします。

スポンサーリンク

 

4月でも花粉症まだ続くの?

 

4月でも花粉症まだ続くのって思われますが、実は花粉は、何かしらの花粉で一年中飛散しているため、アレルギー症状が出ればまだ続く可能性があります

 

スギ、ヒノキ以外にもハンノキ属、イネ科、ブタクサ属、ヨモギ属などがあります。他にも、室内のほこりなどによるハウスダストの可能性もあります。

 

ただ、多いと言われるスギとヒノキ花粉の飛散時期は、地域によりますが、5月くらいまでなので、ゴールデンウィーク明け頃には症状がなくなっていくことも多いです。私の場合も、5月くらいには花粉症の症状がなくなっていたので、マスクをはずしていました。

 

なので、4月だからといって油断せずに、外出はなるべく避ける、花粉を家の中に入れないようにする、マスク、メガネなどの花粉対策は引き続きした方が良いです。

良ければ、花粉症対策で飲み薬以外に目のかゆみや鼻水を防ぐには?の記事も参考にご覧ください。

 

まとめ

 

  • 4月でも目がかゆいし鼻水が出るのは何でかは、花粉症の可能性がある。ただ、4月は気温の変化や環境の変化がある時期なので、風邪や別の原因の可能性もある。
  • 4月でも花粉症まだ続くのかは、花粉は、何かしらの花粉で一年中飛散しているため、アレルギー症状が出ればまだ続く可能性がある。

 

4月でも目がかゆいし鼻水が出るけど花粉症まだ続くの?について、お伝えしました。

各地域や自分自身を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA