雪かきの道具といえばスコップ!ない場合の代用や自作できる?

   2016/10/20

雪かき

 

冬の季節といえば、『雪』が降りますね。

小さい頃は、雪だるま、雪合戦などで楽しかった雪も、今では雪かきしなくてはいけなくて悩んでいるのではないでしょうか?

今回は、雪かきの道具といえばスコップですが、ない場合の代用についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

雪かきの道具といえばスコップ!

 

雪かきの道具といえばスコップですが、実はいろいろな道具があります。

使いやすさ、雪の量・硬さなどで使い分けするのが良いかと思います。

あった方がいい雪かきの道具は次のようなものです。

 

スコップ

雪かきといえば、スコップですね。

雪の硬さによって適しているスコップがあります。

剣先スコップ > 角スコップ > スノースコップ

※雪の硬さに適している順

 

スコップは、雪かきするなら必ず持っておいた方が良い一般的な道具です。

 

ママさんダンプ(スノーダンプ)

大量の雪を運ぶ・押すのに適している。

ママさんダンプは、軽量で女性でも取り扱いやすいようです。

 

スノープッシャー・ラッセル

雪をブルドーザーのように押して移動させます。

 

雪はね

いちばん簡易的で手軽な雪かきの道具です。

ただし、硬い雪には不向きです。

スポンサーリンク

 

その他

つるはしは、氷を割るのに使ったり、他にも屋根の雪落し用の道具もあります。

ホースややかんなどで、お湯を出して除雪することを考えますが、お金がかかるのと、寒いと再び凍ることから、やはり雪かきが一番良いです。

 

雪かきの道具がない場合の代用は?

 

雪かきの道具を紹介しましたが、突然の雪だったり、雪かきの道具を購入しようと思ったら売り切れってこともあります。

そんな雪かきの道具がない場合の代用について、調べてみたので紹介します。

 

雪かきの道具がない場合の代用は、次のようなものがありました。

  • ちりとり
  • ドンブリ
  • フライパン
  • 洗面器
  • バケツ
  • 熊手
  • ソリ

 

などありましたが、すくえる物だったり押したりできる物が、雪かきの道具がない場合の代用として使えます

ただ、凍った硬い雪は、やはり厳しそうで、雪かきの道具がない最終手段って感じですね。

中には、雪かきの道具を自作している人もいました。

 

雪かきの道具は自作できる?

 

  • 板に棒をつけた物
  • 厚いダンボール(またはダンボールを重ねる)にゴミ袋で包む

 

どちらも確かに自作できそうですし、雪を移動できそうです(特にダンボールは簡単)。

ただし、凍結している場合は、やはり厳しいです。

 

まとめ

 

雪かきの道具とない場合の代用について紹介しました。

雪が降った日は寒く、足場が悪いので注意が必要です。

そして、雪を捨てる場所や集めて置く場所も周囲の迷惑にならないようにする必要があります。

雪が降り始めたら積もらないうちに雪かきをし、面倒でも薄い積雪のうちに何度も雪かきをすることが一番良さそうです。

 

関連記事・スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA