東京大学の駒場祭の日程はいつ?模擬店の感想や最寄り駅はどこ?

   2017/10/30

東京大学の駒場祭

 

東京大学の駒場祭(学祭)に行きたいです!

でも、駒場祭の日程はいつかなど、疑問に思われるのではないでしょうか?

今回は、東京大学の駒場祭の日程はいつか、模擬店の感想や最寄り駅はどこについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

東京大学の駒場祭の日程はいつ?

 

東京大学の駒場祭(学園祭)の日程はいつか疑問になるかと思いますので、行ったことがある私の体験からお伝えします。東京大学の駒場祭の日程はいつかは、毎年11月23日(勤労感謝の日)付近の3日間です。

 

2017年の場合、11/24(金)~26(日)で駒場キャンパスにて開催されます。時間は、金曜日・土曜日が9:00~18:00、日曜日が9:00~17:00のようです。駒場祭のホームページやツイッターアカウント、フェイスブックもありますので、確認されるのが良いかと思います。

 

駒場祭の規模は大学祭として来場者数も13万人に上るなど大きく、人が多いですが、大学が広いため過ごしやすいです。模擬店は数が多く種類も豊富です。

 

ちなみに、服装は私服がほとんどですが、スーツ(高校生の場合、制服)で来る方もいますし、あまり服装は気にならないので、よほど変な格好でなければ気にする必要はないかと思います。他に、5月に本郷・弥生キャンパスで行われる五月祭もあります。

 

駒場祭の模擬店の感想

 

学祭で出店・模擬店・屋台目的の場合、駒場祭の模擬店はどんな感じか気になるかと思います。駒場祭の模擬店の感想は、とにかく店の数が多いです。

スポンサーリンク

 

味はおいしかったり普通だったり店によって様々ですが、個人的には、おいしい方ではないです。ですが、模擬店は200以上はあるほど多いです。

 

それに、大学が広いので、ゆっくり見ながら一周するだけでも1時間以上かかりました。私の場合、フランクフルト、焼き鳥などを食べています。売り子から声をかけられたことはありません。

 

近くに二郎系ラーメンでも評価が高い『千里眼(せんりがん)』もあるので、気になるなら行ってみても良いかと思います。ただし、かなり並びます。雨の場合でも、模擬店はやっていましたが、雨の強さによるかもしれません。

 

駒場祭の最寄り駅はどこ?

 

駒場祭への行き方・アクセスや最寄り駅はどこか悩まれるかと思います。駒場祭の最寄り駅はどこかは、駒場東大前駅です。

 

京王井の頭線『駒場東大前駅』東口改札出て左手すぐです。駅を出ると東京大学の入口が目の前にあります。

 

急行列車は停まらないとホームページにありますが、私が行った時は曜日や時間によるかもしれませんが、渋谷方面(上り)数本が駒場東大前駅に臨時停車していました。

 

私の場合、JR山手線で渋谷駅、渋谷駅から京王井の頭線で駒場東大前駅に行き、駒場東大前駅から歩くことが多いです。駒場東大前駅から目の前なので、迷わないで着くかと思います。

 

まとめ

 

  • 東京大学の駒場祭の日程はいつかは、毎年11月23日(勤労感謝の日)付近の3日間。
  • 駒場祭の模擬店の感想は、とにかく店の数が多い。
  • 駒場祭の最寄り駅はどこかは、駒場東大前駅。京王井の頭線『駒場東大前駅』東口改札出て左手すぐ。

 

東京大学の駒場祭の日程はいつか、模擬店の感想や最寄り駅はどこについて、お伝えしました。

状況を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA