敬老の日って何する?時期はいつで過ごし方はどうする?

 

敬老の日で家族と一緒

 

敬老の日があります。

敬老の日って何するか、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、敬老の日って何するか、時期はいつで過ごし方はどうするについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

敬老の日って何する?

 

敬老の日とは、多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日で、日本の国民の祝日の一つです。なので、敬老の日って何するかは、その名のとおり、お年寄りを敬います

 

とはいえ、必ずすることやることがあるわけでなく、何もしない方も多いです。何かする場合、一般的にはプレゼントを渡したり、家族みんなで食事をしたり、お祝いすることが多いです。

 

お年寄りといっても誰に何するかというのは特に決まっていませんが、基本的には自分・配偶者の両親、自分・配偶者の祖父母に何かすることが多いです(特に孫が祖父母にプレゼントを贈ることが多い)。

 

ただ、老人とは何歳からかわからず、何歳から祝うか疑問になるかと思います。老人福祉法の施策対象や世界保健機関(WHO)では、65歳以上の方を老人、高齢者としているようです(70歳以上に変わるなど、今後どうなるかはわかりません)。

 

とはいえ、65歳だからといって、プレゼントしてまだ老人・高齢者でないと抵抗がある方もいますし、65歳前でも贈る方もいるので、気持ちが大事なのと、プレゼントを贈る方を考慮してどうするか決められるのが良いかと思います。

 

敬老の日の時期はいつ?

 

敬老の日の時期はいつか、疑問になるかと思います。敬老の日の時期はいつかは、9月の第3月曜日となります。以前は、日にちが9月15日の時もありましたが、2003年から土日と合わせて連休にするハッピーマンデー制度により、第3月曜日に変更になりました。

スポンサーリンク

 

とはいえ、2003年(平成15年)の第3月曜日は9月15日だったため、9月15日以外では2004年が最初となります。なので、土日が休日な場合、三連休ということになります。

 

それに、年によっては、シルバーウィーク(SW)なので、大型連休の可能性もあります。他に祝日ではないですが、敬老の日と同じような記念日として、高齢者の福祉について関心と理解を深める老人の日(9月15日・旧名:としよりの日)、老人週間(9月15日より1週間)があります。

 

敬老の日の過ごし方はどうする?

 

敬老の日についてお伝えしましたが、敬老の日の過ごし方はどうするか疑問になるかと思います。

 

敬老の日の過ごし方はどうするかは、以下があります。

  • プレゼントを手渡しする・贈る
  • 一緒に外食する
  • 自宅に招待したり相手の家などで食事する
  • 電話する
  • 一緒にショッピングする
  • 一緒に旅行する
  • 何もしない

 

などです。やはり、何もしないかプレゼントするか家族で食事することが多いです。

 

何を贈るかは、小さい子供の場合、手紙やメッセージカード、手形、似顔絵、自作の長生きメダル(長寿メダル)などをプレゼントすることが多く感じました。

 

そうでない場合、お菓子や食べ物、花・植物、衣料品、手作りの品などが多いようです。中には、外食の他に現金を贈るご家庭もありました。個人的には、高齢者でも食べやすい高級な果肉入りフルーツゼリーなど良いかと思います。

 

敬老の日は、いつもと同じで特別意識しないご家庭もあれば、祖父母の長寿を祝う日と考えているご家庭も多いです。敬老の日に祖父母や身近なお年寄りなど、何らかの形でお祝いしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

  • 敬老の日って何するかは、その名のとおり、お年寄りを敬う。とはいえ、何もしない方もいたり、一般的にはプレゼントを渡したり、家族みんなで食事をしたり、お祝いすることが多い。
  • 敬老の日の時期はいつかは、9月の第3月曜日。
  • 敬老の日の過ごし方はどうするかは、プレゼントを手渡しする・贈る、一緒に外食する、自宅に招待したり相手の家などで食事する、電話する、一緒にショッピングする、一緒に旅行する、何もしないなどがある。

 

敬老の日って何するか、時期はいつで過ごし方はどうするについて、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA