敬老の日のプレゼントで現金は良い?金額の相場や渡し方は?

 

敬老の日のプレゼントで現金

 

敬老の日があります。

敬老の日のプレゼントで現金は良いか、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、敬老の日のプレゼントで現金は良いか、金額の相場や渡し方について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼントで現金は良い?

 

前回、敬老の日の両親への定番プレゼントの記事をお伝えしましたが、敬老の日のプレゼントで現金は良いのか悩まれるかと思います。敬老の日のプレゼントで現金は良いかは、現金を贈る方もいます

 

目上の方に現金は失礼・マナー違反という話もありますが、知人レベルなど渡す相手との関係によっては、辞めた方が良いですが、両親・祖父母など身内であれば、各家庭の問題なので、そこまでこだわらなくても良いと思います。

 

それに、年金は安くて物よりお金の方が自由に使えて助かることもあるためです。ただし、相手が経済的に余裕があったり、今まで現金をプレゼントしたことがないなどであれば、現金は辞めた方が無難かもしれません。

 

なので、あなたやご主人が今までにどういったプレゼントをしたことがあるか、そして、相手の性格や状況を考慮して決められるのが良いかと思います。

 

もし、現金に抵抗があるなら、商品券やグルメカタログギフトが良いかと思います。

 

敬老の日のプレゼントの金額の相場は?

 

敬老の日のプレゼントの金額の相場は、5000円か10000円です。現金をプレゼントされる中には、10000円以上贈るご家庭もあります。

スポンサーリンク

 

現金だけをプレゼントするのではなく、一緒に外食をしたり、お花を一緒に贈る方もいます。ただ、現金と手紙・メッセージカード・電話が多く感じました。

 

一度現金を贈ると、その金額より下げにくいですし、毎年敬老の日のプレゼントをすることを考慮した方が良いです。気持ちが大切なので、相手を考慮して無理のない金額を決められるのが良いかと思います。

 

敬老の日のプレゼントの渡し方は?

 

敬老の日のプレゼントの渡し方で現金を贈る場合、どうするか悩まれるかと思います。敬老の日のプレゼントの渡し方は、直接手渡しか、現金書留で送ります。距離が離れていないなら、できれば手渡しが良いです。

 

封筒はご祝儀袋は必要か疑問に思うかもしれませんが、ご祝儀袋に入れて渡す方もいますが、堅苦しく感じる場合、他の封筒や相手との仲によっては、ポチ袋でも良いと思います。

 

直接渡す場合、『ありがとう』など、シンプルでも良いので、言葉を伝えます。贈る場合、現金を直接、現金書留専用封筒に入れないで、ご祝儀袋やポチ袋や柄付きの封筒などに入れてからが良いです。そして、手紙やポチ袋などにメッセージを書くのが良いかと思います。

 

表書きは、『敬寿』、『御祝』などです。敬老の日のプレゼントを当日渡せない場合は、遅くなるより早めに渡した方が良いと思います。ただし、その場合、敬老の日のプレゼントということはわかるようにした方が良いです。

 

まとめ

 

  • 敬老の日のプレゼントで現金は良いかは、現金を贈る方もいる。
  • 敬老の日のプレゼントの金額の相場は、5000円か10000円。
  • 敬老の日のプレゼントの現金の渡し方は、直接手渡しか、現金書留で送る。

 

敬老の日のプレゼントで現金は良いか、金額の相場や渡し方について、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA