敬老の日は孫から何かする?手作りプレゼントにメッセージを紹介

   2017/09/08

敬老の日に孫から

 

敬老の日があります。

敬老の日は孫から何かした方が良いか、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、敬老の日は孫から何かするか、手作りプレゼントにメッセージを紹介します。

 

スポンサーリンク

敬老の日は孫から何かする?

 

お子さんができたり、成長してくると敬老の日に孫から何かするか悩まれるかと思います。敬老の日は孫から何かするかは、何もしないご家庭もあれば、何かするご家庭もあるなど様々です。

 

何かする場合でも、お子さんが生まれて赤ちゃんの時からしたり、成長してからするなどご家庭によって違います。とはいえ、祖父母によっては、敬老の日でもそんな歳ではないとお祝いしてほしくないと思う方も意外といます。

 

祖父母の性格を考慮して決められるのが良いかと思いますが、何かする場合、プレゼントを手渡しする・贈る、家族で一緒に外食する、自宅に招待したり相手の家などで食事する、電話することが多いです。

 

敬老の日の孫からの手作りプレゼントは何がある?

 

敬老の日に孫からの手作りプレゼントを贈るとした場合、何があるか悩まれるかと思います。

 

敬老の日の孫からの手作りプレゼントは何があるかは、以下があります。

  • 手作りカード・お手紙・ハガキ
  • 手形
  • 絵・似顔絵
  • 折り紙
  • 孫の写真
  • 手作りお菓子

 

などです。お子さんが文字が書けないのであれば、手形をつけてまわりにビーズやシールを貼ったり、絵を描いたりで、文字が書ける場合、手作りカード・お手紙などを贈ることが多く感じました。

 

祖父母の顔が思い出せなくて似顔絵が描けなかったとしても、自由に絵を描かせても良いと思います(おもしろい絵ができたりします)。手作りお菓子もまだお子さんが一人で作れない場合でも手伝ってもらったりするのが良いです。

スポンサーリンク

 

子供が成長して大きくなってきたら、肩たたきや一人で手作りお菓子をつくるなどでも良いと思います。まだ、赤ちゃんの場合、敬老の日付近までに家族で撮った写真をアルバム・フォトブックとして贈っても嬉しいと思いますし、アルバムでなくても現在のお孫さんの成長がわかる写真を写真立て・フォトフレームに入れるのでも良いと思います。

 

中には、毎年成長がわかる写真(アルバム・フォトブック)を贈るご家庭もありました。簡単でも良いのでお孫さんの手作りプレゼントは喜ばれると思います。

 

敬老の日の孫からの手作りプレゼントの例です。

  • 写真と一緒に感謝のメッセージを書いたカードや描いた絵を贈る。
  • 画用紙にお孫さんの写真を貼り、手形・足形をつけ、メッセージを書き贈る。

 

孫が小さいうちは成長した姿が何よりのプレゼントだと思いますので、写真はあった方が喜ばれると思います

 

祖父母によっては、お菓子なども贈った方が良いこともありますので、祖父母の性格を考慮して決められるのが良いかと思います。

 

敬老の日の孫からのメッセージを紹介

 

敬老の日の孫からのメッセージは、短文でもシンプルでも良いので、手書きの文章で感謝の気持ちを伝えるのが良いです。

 

敬老の日の幼い孫からのメッセージの例文を紹介します。

 

敬老の日の幼い孫からのメッセージの例文

おじいちゃん、おばあちゃん

いつもありがとう

いつまでもげんきでいてね

だいすき

 

もし、お孫さんが字を書けない場合、手形、絵・似顔絵、写真などをつけて、ご両親の言葉でメッセージを書かれるのが良いかと思います。

 

まとめ

 

  • 敬老の日は孫から何かするかは、何もしないご家庭もあれば、何かするご家庭もあるなど様々。何かする場合、プレゼントを手渡しする・贈る、家族で一緒に外食する、自宅に招待したり相手の家などで食事する、電話することが多い。
  • 敬老の日の孫からの手作りプレゼントは何があるかは、手作りカード・お手紙・ハガキ、手形、絵・似顔絵、折り紙、孫の写真、手作りお菓子などがある。
  • 敬老の日の孫からのメッセージは、短文でもシンプルでも良いので、手書きの文章で感謝の気持ちを伝えるのが良い。

 

敬老の日は孫から何かするか、手作りプレゼントにメッセージを紹介しました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA