お供え物の味が変わる薄くなるのは本当?お線香の匂いで食べられない場合は?

 

お供え物の味

 

お供え物を下げて食べています。でも、味が違うような…

お供え物の味が変わる薄くなるのは本当か、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、お供え物の味が変わる薄くなるのは本当か、お線香の匂いで食べられない場合について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

お供え物の味が変わる薄くなるのは本当?

 

お供え物の味が変わる薄くなるのは本当か疑問になるかと思います。お供え物の味が変わる薄くなるのは本当かは、味が変わった薄くなったと思われる方はいます

 

どうやら、お供えしてから時間の経過により、旬を過ぎたり、腐り始めている可能性があったり、線香や灰などの匂いがお供え物にうつってしまい香りが強くて、味が変わった薄くなったと考えられるようです。

 

仏様が先に食べた、先祖が食されたと表現されます。それに、調理した物なら出来立てを食べないので、冷める、硬くなる、乾く、香りが飛ぶなどしてしまいます。

 

とはいえ、味は変わらないと思われる方もいるので、線香の匂いがあまり気にならなかったり、お供えしている時間が短かかったりなどするのかもしれません。

 

お供え物の味が変わる薄くなるのかは、人によって違いますが、少しでも参考になればと思います。

スポンサーリンク

 

お供え物がお線香の匂いで食べられない場合は?

 

頂き物がお線香臭くて食べられないという方もいます。お供え物がお線香の匂いで食べられない場合は、お供え物を早めに下げて食べるのが良いです。

 

お供えしてから時間の経過により、線香や灰などの匂いがお供え物にうつってしまうこともあるので、早めに下げるわけです。

 

以前に仏壇のお供え物を食べるのは良いかそれとも捨てる?いつ下げる?の記事でもお伝えしましたが、地域やご家庭によって様々なものの、基本的にお参りしたら下げて食べても良いです。

 

仏壇に供えて、傷む前に下げて食べた方もいたり、30分以内に下げて食べたら味は変わらないという方もいました。とはいえ、お線香の匂いは、お供え物だけでなく、仏壇や部屋にも染み付いている可能性もあるかもしれないので、その場合、少し高級なお線香や良い香りのお線香にしたり、無煙・無香のお線香にしたりです。

 

お線香の香りが苦手な方やマンションの方もいるため、無香タイプを使う方もいるようです。ただ、お線香の香りは、故人・仏様の食べ物(香食)のように線香は匂いをお供えするものなので、できれば、無煙・無香ではない方が良いです。

 

基本的には、お線香の匂いがつく前に食べるのが良いかと思いますが、地域やご家庭によって方針があると思いますので、地域やご家庭の事情を考慮して、決められるのが良いかと思います。

 

まとめ

 

  • お供え物の味が変わる薄くなるのは本当かは、味が変わった薄くなったと思われる方はいる。
  • お供え物がお線香の匂いで食べられない場合は、お供え物を早めに下げて食べるのが良い。

 

お供え物の味が変わる薄くなるのは本当か、お線香の匂いで食べられない場合について、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA