母の日と父の日は一緒にしても良い?プレゼントや金額の相場は?

   2017/07/16

母の日と父の日は一緒

 

母の日と父の日があります。

母の日と父の日は一緒にしても良いか、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、母の日と父の日は一緒にしても良いか、プレゼントや金額の相場について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

母の日と父の日は合わせて一緒にしても良い?

 

母の日と父の日は合わせて一緒にしても良いかは、母の日・父の日にそれぞれプレゼントなどするのが良いですが、合わせて一緒にする方もいます

 

母の日は5月の第2日曜日、父の日は6月の第3日曜日で、6月は忙しかったり、都合つく日がないなどで、5月のGW(ゴールデンウィーク)中に実家に行き、母の日と父の日を合わせて一緒に食事したり、プレゼントを贈るなどもあるためです。

 

特に遠方で離れて暮らしていて、6月は忙しい場合に一度の帰省で両方のプレゼントを持参する方が多いと感じました(帰省せずに一緒に贈る方もいます)。

 

他にも、いつも別々にプレゼントしていたものの、母の日のプレゼントを忘れていた場合にも合同やまとめて贈ったり、食事や旅行をプレゼントする場合など1回の予算で済み予算を削減できるため、合わせて一緒にする方もいました。

 

母の日と父の日のプレゼントはどうする?

 

母の日と父の日のプレゼントはどうするかは、同じ物をプレゼントする必要はないですが、お揃いのペアプレゼントをする方も多いです。

 

ペアプレゼントで定番なのは、夫婦茶碗、夫婦箸などのペアギフトです。他にも、マグカップ、パジャマ、旅行券やコンサート、スポーツ観戦などのチケットなど様々です。

スポンサーリンク

 

とはいえ、ペアプレゼントや同じ物でなくても、母と父それぞれに違う物を贈っても良いです。できれば、母と父の趣味に合わせたものが良いですが、両親の好みが難しい場合、商品券、カタログギフト、現金などでも良いと思います。

 

ちなみに、母の日のプレゼントで多いのが、花、日帰り温泉旅行などの旅行、外食、スイーツなど食べ物で、父の日に多いのが、お酒、洋服、ネクタイのようです。

 

相手の都合や趣味が合わないと、プレゼントしても使わない可能性があるので、考慮してしっかり決められるのが良いかと思います。個人的には、一緒に食事か、現金が良いと思います。

 

母の日と父の日の金額の相場はいくら?

 

母の日と父の日の金額の相場はいくらかは、それぞれ3000円~5000円、現金の場合、1万円のようです。なので、一緒だと1万円くらい(現金の場合、2万円)となります。

 

母の日と父の日のプレゼントを渡すのはいつかは、一緒の場合、GW中に帰省した時や母の日前後に両親二人に渡すのが良いかと思います。そのときに、父の日の贈り物であることも、しっかり伝えた方が良いです。

 

まとめ

 

  • 母の日と父の日は合わせて一緒にしても良いかは、母の日・父の日にそれぞれプレゼントなどするのが良いが、合わせて一緒にする方もいる。
  • 母の日と父の日のプレゼントはどうするかは、同じ物をプレゼントする必要はないが、お揃いのペアプレゼントをする方も多い。
  • 母の日と父の日の金額の相場はいくらかは、それぞれ3000円~5000円、現金の場合、1万円。なので、一緒だと1万円くらい(現金の場合、2万円)。

 

母の日と父の日は一緒にしても良いか、プレゼントや金額の相場について、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA