加湿器は必要か?加湿器以外の方法で簡単なのは?

 

加湿器は必要か

 

部屋が乾燥する…

加湿器は必要か、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、加湿器は必要か、加湿器以外の方法で簡単なのはについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

加湿器は必要か?

 

加湿器は必要かは、ご家庭の事情によります

 

加湿が必要な理由は、一般的な冬の外気はかなり乾燥しますし、エアコンなど、暖房器具を使うのも部屋が乾燥します。乾燥すると、以下になる可能性があります。

  • 目・肌(かさかさ)・のど(イガイガ)が乾燥する。
  • インフルエンザウイルスが活動しやすくなる。

 

個人的にも、加湿しないと喉が痛いことが多いです。これらを加湿することにより症状を緩和させるわけです。それに加湿することで、体感温度も上がります。

 

なので、前述した症状が出るようなら、加湿器はあった方が良いです。快適な湿度の目安は40~60%なので、湿度計で40%にも満たないようなら加湿した方が良いです。

ただし、湿度が60%以上で高くても、タンス裏、壁、カーテンなど、ダニやカビが発生する可能性があるので、注意が必要です。

 

加湿器は、11月から4月くらいが使用時期の目安です。加湿器付き空気清浄機が人気のようです。

とはいえ、加湿器がない場合もあるかと思いますので、加湿器以外で加湿する方法もお伝えします。

 

加湿器以外で加湿する方法は?

 

湿度は、空気中の水蒸気の量や、空気の湿りぐあいの程度などを表す量です。なので、乾燥とは湿度が下がり、空気中の水分量が少ない状態となります。

スポンサーリンク

つまり、水分を空気中に放出することで空気が加湿されるようです。

 

加湿器以外で加湿する方法は、以下のように水分を空気中に放出します(空気と水を混ぜる)

  • 洗濯物を部屋で干す。
  • 濡れタオルを部屋にかけたり、洗面器に置く。
  • バケツや洗面器に水をはって置いておく。
  • ウォータースプレーでシュシュッとする。
  • 部屋でヤカンや鍋を沸騰させる。
  • 風呂場のドアを開けておく。

 

洗面器に水をはって置いておくなどは、空気に触れる面積が少ないため、効果は少ないかもしれません。

他にも、のどを守るのであれば、ぬるま湯でうがいをしたり、寝るときにマスクをするのも良いと思います。

 

加湿する方法で簡単なのを紹介

 

加湿する方法で簡単なのは、洗濯物など濡れたものの室内干しです。できれば、扇風機などで風を当てるのが良いです。

生活の中の行動なので、沸騰のように危険はありません。

 

洗濯物がなければ、濡れタオルを数枚部屋にかけるのが簡単です。

そして、外気が入ってきたり、換気扇をしていると、湿度が上がりにくいのを意識した方が良いです。

 

まとめ

 

  • 加湿器は必要かは、ご家庭の事情による。目・肌(かさかさ)・のど(イガイガ)が乾燥したり、インフルエンザウイルスが気になるなら、加湿器はあった方が良い。
  • 加湿器以外で加湿する方法は、水分を空気中に放出する(空気と水を混ぜる)。
  • 加湿する方法で簡単なのは、洗濯物など濡れたものの室内干し。できれば、扇風機などで風を当てる。

 

加湿器は必要か、加湿器以外の方法で簡単なのはについて、お伝えしました。

ご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA