花見で夜と昼の違いは?服装や上野公園の夜の時間はいつまで?

   2017/07/16

花見で夜

 

花見をします!

でも、夜と昼はどっちがいいの?って疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、花見で夜と昼の違い、服装や上野公園の夜の時間はいつまでについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

花見で夜と昼の違いは?

 

花見は、昼も夜もそれぞれの良さがあります

 

花見で夜と昼の違いは、以下となります。

 

【昼】

  • 桜がよく見えて春を感じる。
  • 日によるが、寒すぎではない。
  • 人混みが多い。
  • 終了時間をあまり気にしなくて良い。
  • 明るいのでまわりがよく見える。

 

【夜】

  • 夜桜がとても綺麗。
  • 寒い。
  • 人混みも少なく落ち着くが酔っ払いがいる可能性がある。
  • 終了時間を気にする必要がある。
  • 暗いのでまわりが見えづらい(特に足元に注意が必要)。

 

花見しながら宴会するのであれば、ライトアップされて盛り上がる夜の方が良いかもしれません。

 

お花見は16時から20時までが盛り上がるという意見もありましたが、お酒飲みたいなら、やはり夜の方が良さそうです。とはいえ、夜は寒いですし、寒さ対策は忘れないようにした方が良いです。お花を楽しみたいのであれば、昼の方が良いです。

 

意見を調べても、夜より昼という方が多かったです。屋台で買うことを考えている場合は、夜の場合、やっていない店も多いかもしれないので、注意が必要です。

 

花見で夜の服装は?

 

花見で夜の服装は、春らしい色が良いですが、あまりこだわらずに3月や4月でも冬だと思って寒さ対策をした方が良いです。

スポンサーリンク

 

男性の場合は、ポロシャツ、ワイシャツ、セーター、ジーンズ、チノパンなどに、ジャケットやジャンパーなどです。

女性の場合は、スカートはロングなら良いですが、できればパンツスタイルが良いです。そして、脱ぎにくい・履きにくい靴は控えた方が良いです。

 

詳しくは、会社の花見はスーツで出る?服装や持ち物で気にすることは?の記事も参考にご覧ください。

 

服装以外にも、使い捨てカイロ・マフラー・手袋・ひざ掛けなどはあった方が良いです。

 

上野公園の花見の夜の時間はいつまで?

 

花見の夜の時間は、場所によって違うと思います。今回は、上野公園についてです。

上野公園の花見の夜の時間はいつまでかは、20時までのようです。

 

上野公園では、お花見の時期に合わせて、あるイベントで点灯されるボンボリが夜8時頃で消灯されるようです。ボンボリが消灯しても公園内の明かりは園路灯がありますが、防犯及び事故防止のため、夜8時で宴会を終了するようお願いしているようです。

 

とはいえ、夜8時以降は公園は利用できないのか疑問に思われますが、一部のエリアを除いて基本的には夜11時まで立ち入りできます。なので、夜8時になっても焦らずに片付けすれば良いかと思います。

 

詳しくは、上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)公式ホームページをご覧ください。

 

まとめ

 

  • 花見で夜と昼の違いは、昼も夜もそれぞれの良さがある。意見を調べると、夜より昼という方が多い。
  • 花見で夜の服装は、春らしい色が良いが、あまりこだわらずに3月や4月でも冬だと思って寒さ対策をした方が良い。
  • 上野公園の花見の夜の時間はいつまでかは、20時まで。

 

花見で夜と昼の違い、服装や上野公園の夜の時間はいつまでについて、お伝えしました。

各地域や参加者を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA