お花見の服装はスカートでも良い?寒さ対策や準備物は?

   2017/07/16

お花見

 

3月・4月と言えば、お花見ですね。

でも、お花見の服装はスカートでも良いかなど、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、お花見の服装はスカートでも良いか、寒さ対策や準備物について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

お花見の服装はスカートでも良い?

 

お花見の服装はスカートでも良いかは、できれば辞めた方が無難です。

確かにスカートの方がかわいいと思う男性も多いですが、風が強かったり、寒かったりする(特に夜)と大変だからです。

 

ただ、デートで散策など歩くだけならワンピースやスカートでも良いですが、レジャーシートに座るなどの場合は、特にスカートよりパンツスタイル(スキニー、チノパンなど)の方が良いです。

座ってお花見をする場合、男性はスカートは気になります。

 

でも、ミニスカートはNGですが、長めのロングスカートであれば良いかもしれません。ひざ掛けもあれば、なお良いです。

 

散策など、よく歩く予定の場合はヒールは避けた方が良く、できればスニーカーなど、歩きやすい靴が良いです。ただし、コーデにスニーカーが合わなければ、なるべくヒールの低い靴なら良いと思います。

 

格好にばかり気を使って、楽しめなくなったらもったいないので、風や特に寒さには気を付けてほしいと思います。

 

お花見の寒さ対策はどうする?

 

昼にデートで散策など歩くだけなら、時期や地域を考慮すれば良いですが、夜となると寒さ対策は必ずした方が良いです。レジャーシートに座る時間が長い場合、特にです。

 

お花見の寒さ対策は、以下のことがあります。

  • パンツスタイルか、長めのスカートにタイツを履く。
  • 少々厚めのジャケットを着る。
  • ひざ掛けを使う(ブランケット、冬物ストール、上着など)。
  • 使い捨てカイロを持つ
  • 手袋をつける。
  • 温かい飲み物を持つ・飲む。

 

ひざ掛けとカイロは持った方が良いと思います。

スポンサーリンク

 

他にも、座る場合、シートがペラペラだと寒いので、アルミ色した裏にクッションが付いているなどの厚めのシートが良いです。

そして、いつの間にか濡れている可能性もあるので、予備の靴下があると便利です。

 

お花見で準備する物や食べ物は?

 

お花見の寒さ対策で準備する物は、前述したとおりです。

 

それ以外にお花見で準備する物は、以下があります(ほとんどが地面に座ってお弁当を食べる場合です)。

  • レジャーシート
  • お弁当・飲み物
  • ティッシュ・ウエットティッシュ
  • タオル(汗拭き用)・おしぼりなど。
  • 箸(フォークやスプーンなど)
  • 紙皿や紙コップ
  • キッチンペーパー
  • ゴミ袋やスーパーの袋(予備があるとゴミ以外にも使えて良い)
  • カメラ

 

レジャーシートや重いものは男性に任せた方が良いです。ゴミは持ち帰る必要があるので、ゴミ袋・ビニール袋は必須です。

もし、昼で暑い日の場合、日傘や帽子、フードなどがあった方が良いかもしれません。

 

そして、食べ物は、おにぎりかサンドイッチに、肉系のおかずはあった方が良いです。特に唐揚げ、煮豚、チャーシューなんかがあると男性は喜びます。

飲み物も大きめの水筒に、熱いお湯を入れて、コーヒーや紅茶、お味噌汁のインスタントを持っていくと、夜や寒い昼に助かります。それか豚汁も良いかもしれません。

 

まとめ

 

  • お花見の服装はスカートでも良いかは、できれば辞めた方が無難。ただ、デートで散策など歩くだけならスカートでも良く、レジャーシートに座るなどの場合は、特にスカートよりパンツスタイルの方が良いが、長めのロングスカートであれば良いかも。
  • お花見の寒さ対策は、服装の他に、ひざ掛けとカイロは持った方が良い。
  • お花見の寒さ対策で準備する物以外に、レジャーシート、お弁当・飲み物、ティッシュ・ウエットティッシュ、タオル・おしぼり、箸(フォークやスプーンなど)、紙皿や紙コップ、キッチンペーパー、ゴミ袋やスーパーの袋、カメラなどがあると良い。

 

お花見の服装はスカートでも良いか、寒さ対策や準備物について、お伝えしました。

その日や自分を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA