バレンタインの義理チョコは職場の人に渡す?相場や渡し方は?

 

バレンタインの義理チョコは職場の人に渡す

 

2月といえば、バレンタインですね。

バレンタインの義理チョコは職場の人に渡すか、悩んでいるのではないでしょうか?

今回は、バレンタインの義理チョコは職場の人に渡すか、相場や渡し方について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

バレンタインの義理チョコは職場の人に渡す?

 

バレンタインの義理チョコは職場の人に渡すかは、状況によります。

会社や職場のルール、他の女性(先輩など)が渡すかどうかでも違いますし、ルールなどがなくて女性が自分一人であれば、気持ち次第です。とはいえ、渡す人が多い印象です。

 

渡す理由は、主に、感謝の気持ちや日頃お世話になっているお礼、他に渡す人がいて、毎年の慣例行事となっているなどがあります。

 

『気づかいに感謝』、『とてもうれしい』、家庭で妻とか子供が楽しみにしていたり、内心は欲しかったりする男性がいるのも確かですが、実は面倒と思う男性もいます。『お返しが面倒だからいらない』という男性が一位のデータもあるようです。

 

なので、バレンタインの義理チョコを渡すにしても、高価なものではなく、手軽な感じが良いかと思います。

 

私ももらったことがあったり、なかったり、職場によって違いました。もらったことがあった時は、みんなで食べるようなチョコだったり、一個でも本当に小さいチョコだったので、職場の男性一同でお返ししました。これが一人ずつで高そうだと悩むことになり、面倒と感じるかもしれません。

スポンサーリンク

 

バレンタインの義理チョコの相場は?

 

バレンタインの義理チョコの相場は、100円~500円、500円~1000円が多いです。

とはいえ、女性の人数に対しての男性の人数で出費も変わるので、必ずとはいえません。もし、男性の人数が多い場合、みんなでつまめる個別包装のチョコが良いかもしれません。

 

お世話になっている方や、目上の方で値段を変える方もいますが、個人的には、他の男性もいるので、渡すなら同じ場所にいる男性全員に同じチョコが良いと思います。

 

バレンタインの職場での渡し方は?

 

バレンタインの職場での渡し方は、なるべく全員がそろっていて、忙しくない時に一人ひとり手渡しが良さそうです。

渡す時は、上司の場合『いつもお世話になり、ありがとうございます。これチョコなんですがどうぞ。』、同僚の場合『いつもありがとう。これどうぞ。』くらいの言葉をかけます。

 

渡す相手は、渡すなら同じ場所にいる男性全員に渡した方が良いです。

いる人は手渡しして、いない人には机の上に置いたり、次に会ったときに手渡しすれば良いです。

 

私の場合、午後一や午前中にもらうときが多かったです。

 

まとめ

 

  • バレンタインの義理チョコは職場の人に渡すかは、会社や職場のルール、他の女性(先輩など)が渡すかどうかでも違いますし、ルールなどがなくて女性が自分一人であれば、気持ち次第。とはいえ、渡す人が多い印象。
  • バレンタインの義理チョコの相場は、100円~500円、500円~1000円が多い。
  • バレンタインの職場での渡し方は、なるべく全員がそろっていて、忙しくない時に一人ひとり手渡しが良さそう。

 

バレンタインの義理チョコは職場の人に渡すか、相場や渡し方について、お伝えしました。

会社・職場や自分自身を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA