バレンタインのチョコの呼び方は?意味や手作りか市販か?

 

バレンタインのチョコの呼び方

 

2月といえば、バレンタインですね。

バレンタインのチョコの呼び方がいろいろあって、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、バレンタインのチョコの呼び方、意味や手作りか市販かについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

バレンタインのチョコの呼び方は?

 

本来であれば、本命チョコだったバレンタインですが、現在ではいろいろなバレンタインのチョコの呼び方があります。

  • 本命チョコ・本チョコ
  • 義理チョコ
  • 友チョコ
  • 逆チョコ
  • 自分チョコ・マイチョコ・自己チョコ
  • 家族チョコ・ファミチョコ
  • ユリチョコ・ホモチョコ
  • ツイチョコ
  • ネトチョコ
  • 世話チョコ
  • 社交チョコ
  • ファンチョコ

 

他にもあるかもしれませんが、本命チョコ、義理チョコ以外に、友チョコ、逆チョコ、自分チョコも知られるようになってきました。
ですが、基本的には本命か義理かです。

 

バレンタインのチョコの意味は?

 

バレンタインは、『愛を告白する日』だけではなく、『日頃お世話になっている人に感謝する日』という意味合いの行事にもなってきました。
バレンタインのチョコの意味です。

 

本命チョコ・本チョコ

女性が男性に愛情の告白として贈るチョコ。

彼氏に贈る場合も言う。

 

義理チョコ

女性が男性に恋人ではない、友人へのプレゼントとして贈るチョコ。

女性が知人の男性などに付き合いで配るチョコでもあります。

 

友チョコ

女性同士で贈り合うチョコ。

 

逆チョコ

男性が女性に贈るチョコ。愛情の告白として贈ることもあります。

 

自分チョコ・マイチョコ・自己チョコ

自分で自分のために購入するチョコ。自分へのご褒美の場合もあります。

 

家族チョコ・ファミチョコ

家族に贈るチョコ。

娘から父、母から息子、兄弟同士など、父親や父親以外の家族(男女問わず)に贈ることもあります。

 

ユリチョコ・ホモチョコ

同性に愛情の告白として贈るチョコ。

スポンサーリンク

女性が女性へ贈るユリチョコ、男性が男性へ贈るホモチョコがあります。

 

ツイチョコ

女性がツイッターのフォロワーに対して送るが、本物ではないです。

 

ネトチョコ

女性がネット上の友達に対して送るが、本物ではないです。

 

世話チョコ

女性がお世話になっている人に贈るチョコ。

会社の上司や、学校の先生などに贈ることがあります。

 

社交チョコ

女性が会社の男性に贈るチョコ。

会社の同僚・上司などに贈ることがあります。

 

ファンチョコ

女性が芸能人に贈るチョコ。

 

バレンタインのチョコは手作りか市販か?

 

バレンタインのチョコは手作りか市販かです。

  • 本命チョコ・本チョコ:市販が良い。
  • 義理チョコ:市販が良い。
  • 友チョコ:手作りでも市販でも良い。
  • 逆チョコ:市販が良い。
  • 自分チョコ・マイチョコ・自己チョコ:手作りでも市販でも良い。
  • 家族チョコ・ファミチョコ:手作りでも市販でも良い。

 

相手が彼氏の場合は、手作りでも市販でも良いですが、一度は手作りを贈った方が、より嬉しくなることが多いです。

 

彼氏でない場合、相手との仲にもよりますが、いきなり手作りチョコは辞めた方が良いです。

あまり付き合いがない他人が作ったものを食べたくない方もいます。作る側がどんな環境かもわかりませんし、何が入っているかわからない不安、恐怖のような気持ちもあるためです。

 

それでも、大事なのは気持ちなので、市販チョコでも、一緒にメッセージカードや手紙を添えれば問題ありません

 

友チョコは、友達がどうするかによって決めても良いと思います。お菓子作りが上手なら、手作りでも良いと思いますが、市販でも問題ありません。

 

まとめ

 

  • バレンタインのチョコの呼び方は、本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、逆チョコ、自分チョコなどがある(ただし、基本的には本命か義理)。
  • バレンタインのチョコの意味は、渡す相手や目的によって違う。
  • バレンタインのチョコは、本命チョコ(相手が彼氏でない場合)、義理チョコ、逆チョコは、市販が良く、友チョコ、自分チョコ、家族チョコは、手作りでも市販でも良い。

 

バレンタインのチョコの呼び方、意味や手作りか市販かについて、お伝えしました。

渡す相手を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA