お年玉はいつからあげる?いつまでと金額の相場は?

   2016/10/20

お年玉

 

正月といえば、お年玉をあげたりします。

お年玉をあげる側からしたら、いつからいつまであげるか、金額の相場はいくらか疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、お年玉はいつからいつまであげるか、金額の相場について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

お年玉はいつからあげる?

 

お年玉は自分の子供、孫、親戚の子供などにあげると思いますが、いつからかはご家庭によって様々です。(目上の者が目下の者に贈るのが特徴)

 

でも、多かったのは『小学生から』でした。

ただ、子供が生まれていたら、あげる方もいました。もちろん、子供が小さいと本人にあげてもわかりませんから、その親に、貯金する(将来用)ようにあげるようです。お金ではなく衣服、本、おもちゃなどの意見もありました。

 

逆に子供が親・祖父母などにお年玉をもらった気持ちとしてあげるのは、働き始めたらです。

 

お年玉をあげるのはいつまで?

 

ご家庭によって様々ですが、お年玉をあげるのは次が多く感じました。

スポンサーリンク
  • 高校生まで。
  • 二十歳(成人)まで。
  • 就職するまで。

 

やはり、大人になったかどうかですかね。中には、結婚するまでだったり、30歳でももらっている方はいました。

もらう側の状況にもよるかもしれません。

私の場合、就職するまでもらっていました。

 

お年玉の金額の相場は?

 

お年玉の金額もご家庭によって様々です。

ですが、お年玉の金額の相場は、次のようだと感じました。

  • 小学生前:1000円、衣服、本、おもちゃなど。
  • 小学生:3000円~5000円。
  • 中学生:5000円。
  • 高校生:5000円~1万円。
  • 大学生・専門学生:1万円。

 

計算式では『年齢÷2×1000円』だったり、『年齢×500円』などありました。

ただ、『年齢÷2×1000円』って、『年齢×500円』のような…

 

あげる相手の環境や状況などにもよるかもしれません。

ちなみに子供が親・祖父母などにお年玉をもらった気持ちとしてお金をあげる場合、1万円~2万円が多く感じました。

 

まとめ

 

  • お年玉は、小学生からが多い印象。
  • お年玉をあげるのは、高校生まで、二十歳(成人)まで、就職するまでと世間的に大人になったときまで。
  • お年玉の金額の相場は、小学生前1000円、衣服、本、おもちゃなど、小学生3000円~5000円、中学生5000円、高校生5000円~1万円、大学生1万円。

 

お年玉はいつからいつまであげるか、金額の相場について、お伝えしました。

ご家庭の事情やあげる相手を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA