年賀状の配達が1月2日は中止に?過去の休みや来ないと感じるのは?

   2016/11/01

年賀状の配達

 

お正月といえば、年賀状ですね。

そんな中、年賀状の配達が1月2日は中止になりました。

年賀状の配達が1月2日は中止について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

年賀状の配達が1月2日は中止に?

 

2017年1月2日の年賀状配達は取り止めになりました(18年以降も1月2日は配達しない方針)

元日に配達しきれない分は3日に回すようで、人件費の負担が大きいというのが主な理由です。

そして、2003年に約44億枚だった発行枚数も、2016年は約28億枚まで減少したことや、アルバイトなど人材が確保しにくくなっていることからコスト削減しようとしています。

 

メール、SNS、LINEなどの普及が、時代の流れを感じさせますね。

1月2日に限らず、今後どうなっているのかわかりません。

 

年賀状の配達が1月2日は休みだった?

 

そもそも、1月2日の年賀状配達は、1973年から2004年までは行われていなく、2005年に顧客サービスの一環として、1973年以前と同じく再び配達されるようになりました

スポンサーリンク

個人的にも1月2日の年賀状配達は休みという認識でしたが、実は配達されていたんですね。

1月2日に近年届くようになっていて、驚いたという意見や、配達しなくてもいいという意見もありました。

 

年賀状の配達が1月2日は来ないと感じるのは?

 

1月1日の配達となる年賀状は、配達する郵便局に12月31日の未明ぐらいまでに到着した分であり、1月2日に配達される年賀状はそれ以降から1月1日の未明ぐらいまでに到着した分までです。

つまり、期間が大幅に狭いため、1月2日に配達される数量は大幅に少ないです。

前日出した郵便が翌日に届く可能性は繁忙期により、普段の日より低い確率となります。

 

1月1日に年賀状が届いて、急いで年賀状を送ったとしても、2日に届く可能性は低いので、そう考えると確かに少なくなります。

他にも、多少は地域の違いがあるかもしれません。

 

まとめ

 

  • 年賀状の配達が2017年1月2日は中止(18年以降も1月2日は配達しない方針)。
  • 年賀状の配達が1月2日は、1973年から2004年までは行われていなかった。
  • 年賀状の配達が1月2日は来ないと感じるのは、数量が大幅に少ないと思われるため。

 

年賀状の配達が1月2日は中止について、お伝えしました。

年賀状の配達が1月2日に来ないからといって、疑問に思わないようになればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA