花粉症は雨の日の方がひどいか楽か?雨降りと雨上がりでは?

 

花粉症で雨の日

 

花粉症です。花粉症は雨の日の方が楽とか聞くけど、ひどいような…

花粉症は雨の日の方がひどいか楽か、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、花粉症は雨の日の方がひどいか楽か、雨降りと雨上がりではについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

花粉症は雨の日の方がひどいか楽か?

 

花粉症は雨の日の方がひどいか楽か、花粉の量からすると、楽になるはずですが、それでもひどいと思う方もいます

 

花粉はかなり遠くの雨が降っていない地域からも飛んでくるので、こちらが雨でも飛ぶようですが、雨によって流されたり、花粉は雨とともに地面に落ちて、飛散しないなどで少なくなるのは確かなようです(雨の降り始めと風が強いと花粉が舞う可能性はある)。

花粉の量としては、少なくなるものの、全くないとは言えないので、花粉症の症状が出ます。

 

他にも、雨の日の前に入った花粉が部屋の中にあったり(花粉がついた服など)、花粉を吸い込んだ翌日に症状がひどくなる時間差で症状が出ているかもという人もいました。

 

花粉の飛散量からすると、楽になるはずですが、それでもひどいと思う方がいるのはなぜか?

 

花粉症は雨降りではひどい?

 

花粉症は雨降りではひどいかは、人によるようです。

スポンサーリンク

 

前述したとおり、花粉の飛散量からすると、楽になるはずですが、どうやら雨の日に花粉症の具合が悪くなるのは、低気圧により体内にヒスタミン(かゆみなどを引き起こすもの)が分泌されるからのようです(ヒスタミンが通常よりも多く生成される)。

 

他にも、自律神経が乱れて(副交感神経と交感神経の切り替わりの時にバランスが崩れて)、アレルギー症状が強く出る可能性があるようです。

 

花粉症は雨上がりではひどい?

 

花粉症は雨上がりではひどいかは、ひどくなるようです。

 

雨が降っている間は、飛散しなくてたまっているものが天気が回復して乾燥すると、たまっていた花粉が一斉に飛ぶためです。

しかも、花粉は雨に濡れると花粉を包んでいる袋が膨らんで破れ、中の更なる花粉の微粒子が飛散するので、地面が乾くとそれが風で舞います。

 

つまり、実際に植物から出るたまった花粉と雨で落ちた花粉で、花粉の飛散量が多くなります。さらに風が強い日などは、できれば外出を避けたいところです。

 

まとめ

 

  • 花粉症は雨の日の方がひどいか楽か、花粉の量からすると、楽になるはずだが、それでもひどいと思う方もいる。
  • 花粉症は雨降りではひどいかは、人による。雨の日の低気圧によるかも。
  • 花粉症は雨上がりではひどいかは、ひどくなる。実際に植物から出るたまった花粉と雨で落ちた花粉のため。

 

花粉症は雨の日の方がひどいか楽か、雨降りと雨上がりではについて、お伝えしました。

雨の日(雨降り、雨上がり)でも、しっかり花粉症対策をした方が良いです。

各地域や自分自身を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA