子供の自転車の練習はいつから始める?場所やコツは?

 

子供の自転車の練習

 

子供が成長してくると思うのが、自転車の補助輪(コマ)を外すタイミングです。

補助輪を外した子供の自転車の練習はいつから始めるか、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、子供の自転車の練習はいつから始める、場所やコツについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

子供の自転車の練習はいつから始める?

 

子供の自転車の練習はいつから始めるかは、早いと年中くらいからですが、小学1年生になる前にすることが多いです。

一つのタイミングが小学生になる前ですが、小学生になってから始める方もいます。

 

ただ、自転車に興味がないお子さんもいますが、今後、友達と自転車に乗って遊ぶことを考えると練習はした方が良さそうです。

自転車の練習は、はやい人だと1時間で乗れてしまいますし、1日あればある程度は乗れると思いますが、それ以上かかることもあります。

 

私の場合、小学1年生くらいの時に練習して、昼から夕方にかけて父が練習を手伝ってくれて乗れるようになりました。

 

子供の自転車の練習の場所はどこでする?

 

子供の自転車の練習の場所はどこでするかは、できれば公園や広場が良いです。

他にも、河川敷の整備された舗装があるなら、河川敷が良いですが、遠かったりするので公園や広場になるかと思います。

 

ただし、以下のことに気を付けます。

  • 自転車を乗っても良い。
  • 車の通り(少ない・ない方が良い)。
  • 人の数(少ない・いない方が良い)。

 

しっかり、親御さんが付き添うことが必要です。

スポンサーリンク

私の場合、住んでいるマンションの前の車がほとんど来なかった道路で練習していました。

 

子供の自転車の練習のコツは?

 

子供の自転車の練習のコツは、怖さをなくすことです。

 

自転車の練習をした時に一度転んで痛さを覚えてしまうと、自転車に乗れるようになる目的から、転びたくないという気持ちになり、目線がどうしても転ぶ方向(下側)になります。

本来であれば、バランスをとるために少しですがハンドルを左右に振っていて、目線は前を向きます。

 

なので、怖さを少しでもなくすためにできることです。

  • ヘルメット、厚手の作業手袋、ひざパッド、ひじパッド、長ズボン、長袖などを装備する。
  • サドルの位置は、両足がつけるところにする。
  • 芝生がある場所で練習する。

 

練習方法は、はじめに、いつでもブレーキをかけられるようにブレーキのかけかたを教えます。子供がこいだ時に、親御さんが自転車の後ろを持って支えて、スピードが出てきたら、手を放してバランスを取らせます。

 

バランスをとるために、目線は前で、ハンドルを左右に振って練習すれば、乗れるようになるはずです。

ただ、真っ直ぐはすぐに走れるようになるものの、曲がるのが難しいかもしれません。なので、怖がらずにハンドルの向く方向に目線を向けることが重要です。

 

まとめ

 

  • 子供の自転車の練習はいつから始めるかは、早いと年中くらいからですが、小学1年生になる前にすることが多い。
  • 子供の自転車の練習の場所はどこでするかは、できれば公園や広場が良い。
  • 子供の自転車の練習のコツは、怖さをなくすこと。怖がらずにハンドルの向く方向に目線を向ける。

 

子供の自転車の練習はいつから始める、場所やコツについて、お伝えしました。

各地域やご家庭の事情を考慮して、行っていただければと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA