福袋は残り物が多い?得か損か?楽しみって何?

   2016/10/20

福袋

 

お正月といえば、福袋ですね。

私は最近、福袋を買ってませんが、疑問に思うことがあり調べてみました。

今回は、福袋は残り物が多いか、得か損か、楽しみって何について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

福袋は残り物が多い?

 

福袋は残り物が多いかどうかは、店によります

昔の福袋の中身は売れ残りや人気のない物が多かったです。なので、残り物が入っている福袋は、うつ袋、ゴミ袋、不幸袋などとも言われました。

 

ただ、最近では、中身が見える(サンプルがある)ようになっていたり、ホームページ・ラインの配信・雑誌などでわかったりもします。そして、福袋には、残り物以外にも福袋専用の品や新作もありました。服屋などでは、サイズ別・年代や体型別に福袋を準備してたりします。

 

ちなみに、見えない物はほとんど売れ残りや、福袋の個別のタグに値段が付いてるかどうかで、残り物か福袋用を見分けるという意見もありました。

 

福袋は得か損か?

 

福袋は得か損かでいえば、人によってとなります。ただ、値段としては得といえます(それでも、定価でなので、今の価値でいったらそこまで得かどうかはわかりません)。

スポンサーリンク

いくら値段で得といっても、自分が使わない・持っている・役に立たない・欲しくない物ばかりであれば、損したと思います。逆に中身が残り物ばかりでも、気にいった物ばかりなら、得をしたと感じます。

 

やはり、ある程度中身のわかるものは得をして、中身がわからないものは損をすることが多い印象でした。ただ、食品系の福袋は良かったって意見がありました。

得するために福袋を買うなら、自分の好きなショップで下調べしたり、ネットで調べてからが良いです。

 

福袋の楽しみって何?

 

福袋の楽しみは、中身がわかってる場合は、その中身とお得さで、中身がわからない場合は、あけるまでのお楽しみ・ドキドキ・ワクワク感というおみくじ感覚なところです。

やはり、基本的に買った値段以上の品物が入っているので人気があるといえます。他にも、自分では決して買わないような物が入っていて、使ってみて良いという意見もありました。

中には、中身が確認できる福袋は福袋ではないという方もいました。

 

まとめ

 

  • 福袋は残り物が多いかどうかは、店による。昔は残り物も多かったが、最近ではサンプルがあったり、中身がわかったりするのもある。
  • 福袋は得か損かでいえば、人による。ただ、値段としては得といえそう。
  • 福袋の楽しみは、中身がわかってる場合は、その中身とお得さで、中身がわからない場合は、あけるまでのお楽しみ・ドキドキ・ワクワク感というおみくじ感覚なところ。

 

福袋は残り物が多いか、得か損か、楽しみって何について、お伝えしました。

ご家庭の事情や福袋を買う店、自分の性格を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA