ゆで太郎のクーポン券の使い方や配布時期は?カレールーの食べ方も紹介!

 

 

ゆで太郎に行ったらクーポン券をもらいました。

でも、ゆで太郎のクーポン券の使い方など、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、ゆで太郎のクーポン券の使い方や配布時期、カレールーの食べ方も紹介します。

 

スポンサーリンク

ゆで太郎のクーポン券の使い方は?

 

 

ゆで太郎の無料クーポン券をもらっても使い方が疑問になるかと思います。ゆで太郎のクーポン券の使い方は、食券を店員に渡す時に一緒にクーポン券も渡します

 

なので、自分が注文したいクーポン券を切り取って、いつも通り食券を渡す時にプラスしてクーポン券も渡すだけです。あとは、料理が提供される時にクーポン券のメニューも一緒についてくるはずです。

 

最近の無料クーポン券のメニューでは、海老天、かきあげ、おろし、コロッケ、カレールー、わかめ、生卵、そば大盛があるなど、嬉しいものばかりです。私の場合、そば大盛、海老天、かきあげが特にお気に入りです。

 

ただし、クーポン内容はその時によって変わりますし、320円未満の食事には利用できなかったり、一人一回の食事で一枚までの利用(複数使用はできない)なので、注意が必要です。

 

そして、クーポン券の使用期限もあるので、しっかり確認した方が良いです。

 

ゆで太郎のクーポン券の配布時期は?

 

 

ゆで太郎のクーポン券の配布時期が気になるかと思います。ゆで太郎のクーポン券の配布時期は、年によりますが、2018年では冬春夏秋でした。


スポンサーリンク

具体的には、以下となります。

  • 冬の無料クーポン券:1月営業開始日~なくなるまで(使用期間:1月営業開始日~3月末日まで)
  • 春の無料クーポン券:4月1日~なくなるまで(使用期間:4月1日~6月末日まで)
  • 夏の無料クーポン券:7月1日~なくなるまで(使用期間:7月1日~9月末日まで)
  • 秋の無料クーポン券:10月1日~なくなるまで(使用期間:10月1日~12月末日まで)

 

ただし、店舗によって配布しなかったり配布が早かったり、年によって配布時期・配布期間が変わる可能性はあるので、食べに行く店やホームページで確認するのが確実です。

 

あまりゆで太郎に行かない場合、クーポン券が使いきれないかもしれませんが、たくさん行く場合、もらえるうちにもらっておくのが良いかと思います。

 

クーポン券は有効期限ギリギリまで配っているわけではないので、配り終わるのは早いためです。

 

クーポン券の受け取り方は、クーポン券の配布期間に注文すると、注文したそばと一緒にお盆・トレーの上に乗せられているので、とても簡単です。

 

ゆで太郎のクーポン券のカレールーの食べ方は?

 

 

ゆで太郎のクーポン券にはトッピングなどいろいろあります。揚げ物などは入れれば良いと思われますが、カレールーをどうするか食べ方が疑問になるかと思います。

 

ゆで太郎のクーポン券のカレールーの食べ方は、おすすめはかけそばにカレールーを入れたり、そばをルーにつけて食べるなどがあります

 

なので、『かけそば』にインして『カレーそば』にしたり、そばをルーにつけて『カレーつけそば』にして食べたりです。

 

人によっては、そばつゆをカレールーに入れる(量は好み)など、食べ方アレンジは自由です。カレールーをそのまま食べても良いと思います。ちなみに、生たまごもつゆに入れて月見にするなどです。

 

食べ方は人それぞれなので、あなたに合った食べ方を探されてみてはいかがかと思います。

 

まとめ

 

  • ゆで太郎のクーポン券の使い方は、食券を店員に渡す時に一緒にクーポン券も渡す。
  • ゆで太郎のクーポン券の配布時期は、年によるが、2018年では冬春夏秋(冬:1月営業開始日~、春:4月1日~、夏:7月1日~、秋:10月1日~)。
  • ゆで太郎のクーポン券のカレールーの食べ方は、おすすめはかけそばにカレールーを入れたり、そばをルーにつけて食べるなどがある。

 

ゆで太郎のクーポン券の使い方や配布時期、カレールーの食べ方も紹介しました。

地域・店舗にもよるかもしれませんが、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA