父の日に現金をいくらあげる?金額の相場や袋はどうする?

   2017/07/16

父の日に現金を贈る

 

父の日があり、現金を贈ろうと考えています。

父の日に現金をいくらあげるか、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、父の日に現金をいくらあげるか、金額の相場や袋はどうするについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

父の日に現金をいくらあげる?

 

父の日に現金をいくらあげるかは、私の場合、1万円です。ただし、会社からボーナスも出る時期なので、ボーナスの分も合わせて渡すことが多いです。

 

家族であれば大丈夫だとは思いますが、目上の人相手に現金を包むというのは非常識と考える方もいますので、もし気になる場合、商品券やギフトカードにした方が無難かもしれません。

 

それに、お金に余裕があるご家庭だと物をプレゼントされた方が嬉しいこともあります。とはいえ、個人的には、年をとるごとにお金は必要となってきますし、好みでない物をあげる可能性もあるため、現金で問題ないと思っています。

 

現金を贈って喜んでもらえるかどうかが大事なため、金額も含めてしっかり決められるのが良いかと思います。もし、学生の場合、自立していないので、プレゼントに現金を贈るのは控えた方が無難です。

スポンサーリンク

 

父の日に現金を贈るなら金額の相場は?

 

父の日に現金を贈るなら金額の相場は、1万円のようです(物の場合、3000円~5000円)。ただし、人によっては2~3万円や高額な現金を渡したりするなど、ご家庭によって様々です。

 

あまり高価だと相手が気を遣うこともあるため、父親を考慮したり、母の日に母親に現金をあげているなら、その金額も考慮して決められるのが良いかと思います。

 

そして、できれば新札が良いですが、新札がない場合は綺麗なお札を贈った方が良いです。

 

父の日の現金を入れる袋はどうする?

 

父の日に現金を入れる袋は、祝儀袋にするか悩まれるかと思います。父の日の現金を入れる袋はどうするかは、ご祝儀袋に入れて渡す方もいますが、個人的には、ポチ袋が良いと思います

 

そして、渡し方は、直接渡すか、現金書留で送ります。直接渡す場合、『何か好きなもの、欲しいもの買ってね(買うときの足しにしてね)』など、シンプルでも良いので、言葉を伝えます。

 

贈る場合、現金を直接、現金書留専用封筒に入れないで、ポチ袋や柄付きの封筒などに入れてからが良いです。そして、手紙やポチ袋などにメッセージを手で書くのが良いかと思います。例えば、ポチ袋の裏に一言『お父さんいつもありがとう』などです。

 

まとめ

 

  • 父の日に現金をいくらあげるかは、私の場合、1万円。
  • 父の日に現金を贈るなら金額の相場は、1万円くらい(物の場合、3000円~5000円)。ただし、ご家庭によって様々。
  • 父の日の現金を入れる袋はどうするかは、ご祝儀袋に入れて渡す方もいるが、個人的には、ポチ袋が良いと思う。

 

父の日に現金をいくらあげるか、金額の相場や袋はどうするについて、お伝えしました。

ご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA