日焼け止めは年中塗る?夜は必要か雨や曇りの日や家の中でもする?

 

日焼け止め

 

日焼け止めを塗っています。

でも、日焼け止めは年中塗るか、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、日焼け止めは年中塗るか、夜は必要か雨や曇りの日や家の中でもする?について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

日焼け止めは年中塗る?

 

日焼け止めは年中塗るかは、1年中塗る方もいます。冬でも夏の30%あるといわれていますし、夏に限らず、1年中紫外線はあるためです。

 

紫外線は、3月~9月(特に5月~8月)が強い時期なので、よく日に当たる場合は、SPFやPAの数値が高い日焼け止めを塗ったり、そうでない場合は、SPFやPAの数値が低い日焼け止めや日傘や手袋、帽子、マスクなどで対策するのが良いかと思います(日焼け止め効果があるファンデーションを使う方もいます)。

良ければ、日焼け止めを塗る時期はいつ頃?場所はどこで場面はどのタイミング?の記事もご覧ください。

 

なので、日焼け止めを年中塗るとしても同じものは使わず、紫外線の強い時期用(夏、レジャーなど)、弱い時期用(冬、普段の生活など)で使い分けるのが良いかもしれません。

 

肌が弱い場合、『敏感肌用』の日焼け止めなどを使うのが良いかと思います。日焼け止めは、しっかり塗って、こまめに塗り直せるかどうかが大切です。

 

夜でも日焼け止めは必要か?

 

日差しがある朝や昼ならともかく、夜でも日焼け止めは必要か疑問になるかと思います。夜でも日焼け止めは必要かは、不要です。

 

夜も紫外線は降り注いでいるようですが、昼間と比べると紫外線の量は相当少なくなっているのと、日焼け止めを塗る方が肌に悪い可能性があるためです。

スポンサーリンク

 

どうしても気になるようであれば、SPFやPAが弱い日焼け止めを塗ったり、UV効果のある化粧品を使うのが良いです。できれば、日焼け止めは使わず、帽子やマスクをするなどで対策した方が良いかと思います。

 

寝る前には日焼け止めは落とします。良ければ、日焼け止めを塗ったまま寝るは良い?寝る前や落とすタイミングは?の記事もご覧ください。

 

雨や曇りの日や家の中でも日焼け止めはする?

 

まず、雨や曇りの日に日焼け止めはするかは、日焼け止めした方が良いです。紫外線量は、晴天時よりは減るものの、曇りの日で晴天時の50%~80%、雨の日でも晴天時の約30%といわれているためです。

 

家の中でも日焼け止めはするかは、する方もいますが、しない方も多いです。やはり、家の中くらいは何もつけずにいたいためです。とはいえ、家の中でも紫外線(特に肌の奥まで届いて、シミ・しわの原因となる紫外線A波(UV-A))は窓を通過するので窓がある部屋の場合、焼ける(シミ・しわの原因となる)可能性があり、顔は絶対塗るという方も多いです。

 

カーテンをせずに窓際にいることが多い場合、室内であっても日焼け止めはした方が良いですし、もしくは、窓にUVカットフィルムを張ったり、遮光カーテンをつけるなどの対策をしたりなどです。

窓際以外で過ごすことが多い場合、塗らなくても良いですが、気になる場合、弱めの日焼け止めを使用されるのが良いかと思います。

 

まとめ

 

  • 日焼け止めは年中塗るかは、夏に限らず、1年中紫外線はあるため、1年中塗る方もいる。
  • 夜でも日焼け止めは必要かは、不要。
  • 雨や曇りの日に日焼け止めはするかは、日焼け止めした方が良い。家の中でも日焼け止めはするかは、する方もいるが、しない方も多い。弱めの日焼け止めを使用したり、窓際の紫外線対策をするなどした方が良い。

 

日焼け止めは年中塗るか、夜は必要か雨や曇りの日や家の中でもする?について、お伝えしました。

自分や状況を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA