体育祭の日焼け対策は?日焼け止めの顔の塗り方に塗る頻度は?

   2017/07/16

体育祭の日焼け対策

 

体育祭があります。日焼けしたくない…

体育祭の日焼け対策など、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、体育祭の日焼け対策、日焼け止めの顔の塗り方に塗る頻度について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

体育祭の日焼け対策は?

 

体育祭で日焼け対策を何もしないと、体育祭が終わる頃には赤くなったり、黒くなったりします。シャワーでヒリヒリ痛かったり、その後、皮がむけたりするので、できるなら日焼け対策はしたいところです。

 

体育祭の日焼け対策は、以下があります。

  • 日陰(日に当たらない場所)で過ごす。
  • 帽子やタオルで防ぐ。
  • 日焼け止めを塗る。
  • 水で冷やす。

 

などです。日傘が使えれば良いですが、体育祭で日傘は使えないことが多いので、難しいと思います。できれば、日陰で過ごすなど日に当たらないのが良いですが、場所や状況によって難しいかもしれません。なので、多いのが、日焼け止めを使うことです。

 

日焼け止めにも、ローション、クリーム、スプレー、ジェル、飲むなど、様々なタイプがありますが、人気なのが日焼け止めクリームです。

 

日焼け止めで、SPF、PAという文字がありますが、SPFは、紫外線を浴びてから肌が赤くなるまでの時間を何倍に長くすることができるかの目安で、PAは、シワやたるみの原因となる紫外線A波を防止する力のようです。

 

SPF、PAとも数値やプラス(+)の数が増えるほど、効果が長かったり、強くなるようですが、数値が高いと肌への負担も大きいようなので、肌が敏感だったり、弱い方はSPF30以内、PA+++以内が良いと思います。

 

日焼け止めを塗ったとしても、日焼けする可能性はあります。なので、大事なのが、適量塗って、適時塗り直しすることです。値段も安いのから高いのまでありますが、高い方が肌に優しい成分が含まれていたり、汗や皮脂で落ちにくいという意見もありました。

 

体育祭で日焼け止めの顔の塗り方は?

 

体育祭で日焼け止めは、顔、腕、首、脚などに塗りますが、特に日焼けしたくないのが顔だと思います。体育祭で日焼け止めの顔の塗り方は、まずは洗顔して、日焼け止めを塗る前にしっかり保湿をして、両ほほ、おでこ、鼻、あごにつけて、丁寧に伸ばすのが良いようです。

 

乾燥肌の場合、日焼け止めを塗る前には、保湿クリームや乳液などでしっかりと保湿してから、日焼け止めを塗った方が良いようです。

スポンサーリンク

 

日焼け止めは手にとって塗るのではなく、塗りたい場所に直接出してそれを手で広げるという塗り方が効果的です。腕に塗る場合、腕に1本の線を書くように日焼け止めを出し、それを手で広げる感じです。手にとって塗ると、ムラになったり、塗り足りなかったりすることがあるためです。そして、日焼け止めを顔に使う量は、500円大が適量なようです。適量を手のひらにとって、両ほほ、おでこ、鼻、あごに分けてつけて、広げていきます。

 

ちなみに、日焼け止めの必要量の1/3~1/4程度しか使っていないことが多いようなので、つけたと思っても、実は全然足りていないこともあるので、しっかり適正量を塗ることが大切です(目安の量は、メーカーや商品によって異なることがあります)。

 

他には、体用と書いてある日焼け止めを顔に使ったり、目の周りは、目に入るといけないので、あまりたくさん塗らない方が良いかと思います。もし、表示や説明がある場合は、まずそれに従い、肌の状態や好みによって自分で決められるのが良いかと思います。

 

ちなみに、日焼け止めもしっかり洗わないと、ニキビや肌荒れなど肌に悪影響を与えることもあるため、寝る前などはしっかり洗った方が良いです。

 

体育祭で日焼け止めを塗る頻度は?

 

体育祭で日焼け止めを塗る頻度は、日焼け止めや状況によりますが、2~3時間で塗り直すのが良いかと思います汗のかき具合などによっては、1時間に1回の場合もあるかもしれません。

 

例えば、体育祭の始まる前に塗って、お昼の時や汗をかいたときにもう一回塗るなどです。塗り直す場合、タオルで汗とかを拭きとってから塗った方が良いです(手が汚れている場合、水で洗ったり、ウエットティッシュなどで手を拭く)。

 

ちなみに、化粧をしている場合、スプレーやミストタイプの日焼け止めを化粧の上から使っている方もいました。塗り直せる状況でない場合は、汗に強いウォータープルーフの日焼け止めを選んだ方が良いかもしれません。

 

とはいえ、自分の肌の状況などを考慮して、決められるのが良いかと思います。

 

まとめ

 

  • 体育祭の日焼け対策は、日陰で過ごす、帽子やタオルで防ぐ、日焼け止めを塗る、水で冷やすなど。人気なのが日焼け止めクリームを塗る。
  • 体育祭で日焼け止めの顔の塗り方は、まずは洗顔して、日焼け止めを塗る前にしっかり保湿をして、両ほほ、おでこ、鼻、あごにつけて、丁寧に伸ばすのが良い。
  • 体育祭で日焼け止めを塗る頻度は、日焼け止めや状況によるが、2~3時間で塗り直すのが良いかと思う。汗のかき具合などによっては、1時間に1回の場合もあるかも。

 

体育祭の日焼け対策、日焼け止めの顔の塗り方に塗る頻度について、お伝えしました。

自分と日焼け止めを考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

もし、日焼けしてしまった場合、体育祭で日焼けした時どうする?ケアや肌を元に戻すには?の記事をご覧ください。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA