寒さ対策を外では?通勤やおすすめは?

   2016/10/20

寒さ対策

 

冬といえば、やはり寒いですよね。

それでも、仕事などで外に出る必要があり、寒さ対策をどうするか悩んでいるのではないでしょうか?

今回は、寒さ対策で通勤やおすすめについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

寒さ対策を外ではどんなとき?

 

自分が動いているとき(歩いているときなど)であれば、まだ良い方かもしれませんが、問題は止まっているときです。

例えば、次のようなときがあります。

  • バス・電車を待っている。
  • バス・電車の中で暖房が効いていない。

 

よく外に出るとき、主に通勤しているときかと思います。

他にも、自転車・バイク通勤も風がある分、寒いです。

 

寒さ対策を通勤のときは?

 

寒さ対策を通勤のときはどうするか、次がありました。

  • 帽子、耳あて、マフラー、腹巻(ベアトップなど)、手袋、靴下二重にしたり、コートを着る。
  • カイロを使う。
  • ぬるホッカイロを塗る。
  • 前日はたっぷり寝る、朝(出かける前の朝・昼・夜)は食事をしっかり摂る。

 

他にも、ヒートテックの二枚重ねは効果があるようでした。

寒いのを防ぐ、温かくする、体調を良くする感じです。

スポンサーリンク

 

ただ、バスや電車など、暖房が効きすぎて暑い場合がありますので、服を着すぎた、カイロを貼ったり、ぬるホッカイロを塗ったりなどした場合は、調整が難しいです。

カイロは、よく冷えるところに貼りがちですが、お腹や腰(ウエストよりもう少し下の尾てい骨(仙骨)あたり)に貼るのが良いです。どうやら血流が良くなります。

 

個人的には、マスクがおすすめです。顔が温かいです。以前はマスクをつけていると風邪をひいていると思われがちでしたが、最近は予防やファッションとして、以前より見ることが多くなった気がして使いやすいです。

 

寒さ対策のおすすめは?

 

寒さ対策のおすすめは、体の『首』と名のつくところ(首、手首、足首など)を温めると効果的です。

なので、寒さ対策を通勤のときでお伝えした方法を組み合わせるのが良いと思います(カイロと軽い運動を合わせるのが一番おすすめできる方法です)。

寒いのを防ぐ、温かくする、体調を良くするのが寒さ対策で良いです。

 

まとめ

 

  • 寒さ対策を外では、主に通勤しているとき。
  • 寒さ対策を通勤のときは、帽子、耳あて、マフラー、腹巻(ベアトップなど)、手袋、靴下二重にしたり、コートを着たり、カイロ、ぬるホッカイロを使ったり、前日はたっぷり寝る、朝は食事をしっかり摂る。
  • 寒さ対策のおすすめは、体の『首』と名のつくところ(首、手首、足首など)を温めると効果的。

 

寒さ対策で通勤やおすすめについて、お伝えしました。

ご家庭の事情と自分自身を考慮して、参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA