カバヤ菌活生活タブレッツ食べ過ぎ…1日何個で食べるマスクとの違いは?

   2017/03/08

食べ過ぎ

 

菌活生活を食べます。

カバヤ菌活生活タブレッツを食べ過ぎるなど、気になるのではないでしょうか?

今回は、カバヤ菌活生活タブレッツを食べ過ぎ1日何個で食べるマスクとの違いについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

カバヤ菌活生活タブレッツを食べ過ぎた…

 

カバヤ菌活生活タブレッツは、『サポートアップル』と『フローラヨーグルト』という2種類の味があり、かむと口に広がる感じでおいしかったです。

 

1袋の中に個包装で入っていて、個数も30個以上あるので、食べ過ぎたという方も多いかと思います。私も短時間の間で10個以上食べてしまったこともあります。

 

私の場合、スーパーで菌活生活を購入しましたが、最近、見かけなくなったので、通販で購入を検討しても良いかもしれません。

 

菌活生活には、生きて腸まで届く乳酸菌が配合されているのが魅力で、便秘を解消する効果を期待している方もいるかと思います。

 

菌活生活は1日何個食べる?

 

菌活生活は1日何個食べるかは、1日何個かは決められていないようです。ただ、ネットを見ていて、菌活生活タブレッツ開発者の方の書き込みによると、お薬と違ってお菓子なので、1日に何個食べても大丈夫なようです

 

乳酸菌はとりすぎても大丈夫ですが、お腹が弱い場合には食べ過ぎると腹痛・下痢などになることもあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

 

何粒で効果があるかを期待しているかもしれませんが、お菓子なので何個食べれば効果があるとは言えないようです。ただ、その開発者によると生きて腸まで届く乳酸菌を1粒に約1億個入るようにつくっているとのことです。

 

死菌であれば、毎日1兆個の摂取で効果が実感できると言われています。でも、生きている乳酸菌を毎日どれくらい摂取すべきかは、まだ分かっていないようなので、自分の体調を考慮して食べるのが良いかと思います。

 

ネットの口コミを見る限りでは、1日3回時間を空けて食べたり、5個や、個数は気にせず気が向いた時に何個でも食べるなど、何個食べるかは人それぞれでした。

 

菌活生活と食べるマスクの違いは?

 

乳酸菌タブレットというと、菌活生活の他に気になるのがたべるマスクです。なので、菌活生活と食べるマスクの違いについてです。

 

菌活生活と食べるマスクの違いは、以下となります。

  • 大きさ:同じくらい。
  • 厚さ:菌活生活の方が厚い。
  • かたさ:たべるマスクの方がかたい。
  • 個数:菌活生活の方が多い。
  • 値段:同じくらい。
  • 味の種類:菌活生活の方が多い。

 

菌活生活もたべるマスクも口に広がる感じなのは同じですが、たべるマスクの方がよりシュワっとしています。個人的には、どちらもおいしかったです。

 

たべるマスクについては、食べるマスクの味や1日何個食べる?どこで買える?の記事をご覧ください。

 

まとめ

 

  • カバヤ菌活生活タブレッツを食べ過ぎた方もいる。
  • 菌活生活は1日何個食べるかは、1日何個かは決められていないみたい。ただ、薬と違ってお菓子なので、1日に何個食べても大丈夫みたい。
  • 菌活生活と食べるマスクの違いは、厚さ、かたさ、個数、味の種類などが違う。

 

カバヤ菌活生活タブレッツを食べ過ぎ1日何個で食べるマスクとの違いについて、お伝えしました。

ご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA