卒業祝いは必要?金額の相場と贈り物のおすすめは?

 

卒業祝いは必要

 

3月といえば、卒業ですね。

卒業祝いは必要か、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、卒業祝いは必要か、金額の相場と贈り物のおすすめについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

卒業祝いは必要?

 

卒業祝いとは、卒業したことに贈り物をしたり、食事をしたりしてお祝いすることです。

 

卒業祝いは必要かは、基本的に必要ありません

どちらかというと入学祝いか就職祝いを渡すことが多いためですが、一緒にして渡すこともあります。

 

高校を卒業して、浪人して大学を受験したり、進路が決まっていない場合に『卒業祝い』を贈ることもあります。

ただし、気持ちとして、卒業祝いをいただくこともあり、基本的には、両親や祖父母など親族間で行うことが多いですが、学校の先輩や後輩、バイト先の仲間からもあります。

 

卒業祝いとしても『おめでとう』って、豪華な食事だけの場合が多いですが、贈り物をする場合もあります。

卒業祝いを渡す時期は、卒業式前後か、遅くても3月中に贈るのが良いです。

 

私の場合、入学祝い・就職祝いはありましたが、卒業祝いはありませんでした。

スポンサーリンク

 

卒業祝いの金額の相場は?

 

卒業祝いの金額の相場は、ご家庭や相手によってそれぞれです。

  • 幼稚園:3000~5000円。
  • 小学校:3000~5000円。
  • 中学校:5000~10000円。
  • 高校:5000~10000円。
  • 大学・短大・専門学校:10000~30000円。

 

親の場合、食事だけの場合が多いですし、祖父母の場合、上記より高い場合もあり、先輩・後輩などであれば、上記より少なくなります。

気持ちが大事です。

 

卒業祝いの贈り物のおすすめは?

 

卒業祝いの贈り物のおすすめは、卒業後に役に立つものが良いです。

 

以下は提案となります。

  • 幼稚園:現金、商品券、図書カード、クレヨン、名前入り文具など。
  • 小学校:現金、商品券、図書カード、ボールペン、財布、定期入れ、電子辞書など。
  • 中学校:現金、商品券、財布、定期入れ、電子辞書など。
  • 高校:現金など。
  • 大学・短大・専門学校:現金、高級ボールペン、名刺入れ、万年筆、カタログギフト、折り畳み傘など。

 

先輩・後輩などであれば、他にも、マグカップ、お菓子の詰め合わせ、ブックカバー、花束など良いかもしれません。

名前入りのボールペンも人気のようです。あくまで参考なので、贈る相手を考慮した方が良いです。

 

そして、祝儀袋・のし紙表書きについてです。

  • 水引:紅白の蝶結び。
  • 表書き:祝御卒業、卒業御祝、御祝など。

 

まとめ

 

  • 卒業祝いは必要かは、基本的に必要ない。
  • 卒業祝いの金額の相場は、ご家庭や相手によってそれぞれ。
  • 卒業祝いの贈り物のおすすめは、卒業後に役に立つものが良い。

 

卒業祝いは必要か、金額の相場と贈り物のおすすめについて、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、行っていただければと思います。

 

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA