クリスマスのご馳走は何日にする?何食べるかメニューを紹介

 

クリスマスのご馳走

 

12月と言えばクリスマスですね!

ただ、クリスマスのご馳走は何日にするか何食べるか、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、クリスマスのご馳走は何日にするか何食べるかメニューを紹介します。

 

スポンサーリンク

クリスマスのご馳走は何日にする?

 

クリスマスのご馳走はいつにするか悩まれるかと思います。クリスマスのご馳走は何日にするかは、ご家庭によりますが、24日が多く感じました

 

クリスマスは正確には12月24日の日没から12月25日(イエス・キリストの誕生)の日没までなので、基本的にパーティーをしたり、ご馳走を食べるのはクリスマスイブ(前夜祭)である24日の夜になります。

 

ですが、海外では25日など国や宗派によって違いますし、クリスマスイブもクリスマスも平日で休みでないこともあるため、家族の都合で25日だったり、祝日である23日など様々だったりします。

 

中には、クリスマスケーキが安くなるため、25日にしているご家庭も多かったですし、家族の誕生日が25日という理由で一緒にしたり、24日・25日両方ご馳走を食べるなどご家庭によっても様々です。

 

毎年の予定やご家族の都合、ご家庭の方針などでクリスマスのご馳走は何日にするか決められるのが良いかと思います。

 

クリスマスは何食べる?

 

クリスマスは家・自宅で何を食べるか悩まれるかと思います。クリスマスは何食べるかは、チキンとクリスマスケーキを食べるご家庭が多いです。

 

アメリカとカナダで祝日となっている感謝祭・クリスマスなどのご馳走として七面鳥が食卓を飾ることから世界に広まって、本来は七面鳥(ターキー)を食べますが、日本では入手しにくかったり高く、発端となったKFC(ケンタッキーフライドチキン)により、クリスマスと言えば『フライドチキン』を食べるようになったようです。

 

なので、丸ごとのチキン(ローストチキン)にかかわらず、ケンタッキーのフライドチキンを食べるご家庭が多いですが、モスバーガーのチキンやスーパーの鶏のもも肉など様々です。

スポンサーリンク

 

クリスマスケーキは、クリスマスを祝って食べますが、チキンは食べなくてもケーキは食べるというご家庭も多かったです。とはいえ、チキンもクリスマスケーキも食べないでいつも通りというご家庭もありますので、その時の状況やご家庭の事情を考慮して、決められるのが良いかと思います。

 

クリスマスのご馳走メニューは?

 

クリスマスのご馳走メニューに悩まれるかと思います。クリスマスのご馳走メニューは、ピザ、チキン・ステーキ、サラダ、スープ、シャンパン、ケーキなどのご家庭が多く感じました

 

クリスマスのご馳走メニューの例ですので、参考程度にご覧ください。

  • チキン
  • ピザ
  • シチュー・ビーフシチュー
  • サラダ
  • ポテトサラダ
  • 鶏の唐揚げ
  • えびフライ
  • スモークサーモン
  • お寿司
  • 手巻き寿司・いなり寿司
  • サンドイッチ
  • グラタン
  • ラザニア
  • パスタ
  • ローストビーフ
  • ステーキ
  • チーズフォンデュ
  • コーンスープ
  • 焼肉
  • ケーキ
  • シャンパン

 

などです。チキン以外に牛肉ステーキを食べるなど洋食が多く感じましたが、ご家庭によって様々です。クリスマスのご馳走メニューで簡単なのは、チキン、宅配ピザ、シチュー、サラダ、ケーキです(あとは、オードブルなど)。

 

他にも、以下があります。

  • お寿司・手巻き寿司・いなり寿司、鶏の唐揚げ、ポテトサラダ、えびフライ、ケーキ
  • デリバリーピザ、ローストチキン、かぼちゃスープ・コーンスープ
  • サンドイッチ、ステーキ、ポタージュスープ、ケーキ
  • ピザ、チキン、ビーフステーキ、サラダ、フライドポテト、ウインナー、ホタテ
  • フランスパン、チーズフォンデュ、ケンタッキーフライドチキン、サラダ、フルーツポンチ、ケーキ

 

などです。中には、赤飯、串揚げ、天ぷら、チキンの照り焼き・鶏のから揚げ、和風ステーキなど様々です。

 

クリスマスのご馳走メニューは様々なので、ご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

まとめ

 

  • クリスマスのご馳走は何日にするかは、ご家庭によるが、24日が多く感じた。
  • クリスマスは何食べるかは、チキンとクリスマスケーキを食べるご家庭が多い。
  • クリスマスのご馳走メニューは、ピザ、チキン・ステーキ、サラダ、スープ、シャンパン、ケーキなどのご家庭が多く感じた。

 

クリスマスのご馳走は何日にするか何食べるかメニューを紹介しました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

関連記事・スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA