こどもの日のお祝いのお返しは必要?いつお礼をする?

   2017/07/16

こどもの日のお祝いのお返し

 

両親などから、こどもの日のお祝いをいただきました。

こどもの日のお祝いのお返しは必要か、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、こどもの日のお祝いのお返しは必要か、いつお礼をするについて、お伝えします。

 

スポンサードリンク

こどもの日のお祝いのお返しは必要?

 

5月5日は、こどもの日でもあり、端午の節句でもあるため、お祝いされることもあるかと思います。初節句の場合、特にお祝いすることが多いです。

 

こどもの日のお祝いのお返しは必要かは、基本的に必要ありません。その代わり、こどもの日に自宅に呼んで(両方の両親だけの場合が最近多い)、近くで外食か食事のおもてなしをすることでお返しとなります

 

もし、家庭の都合や風習などにより、初節句のお祝いの席を設けなかった場合や招待したのに欠席された方などには、『内祝い』としていただいたお祝いのお返しをした方が良いです。

 

そして、お礼状にいただいたお祝い(鯉のぼりや兜など)と写した子供の写真を一緒に送るのも良いです。子供が話せるようになってからもお祝いされている場合は、子供から『ありがとう』とお礼の言葉があると良いかと思います。

 

こどもの日のお返しはいつする?

 

こどもの日のお返しはいつするかは、5月5日(お祝いした日)から1週間以内、遅くても1ヶ月以内が良いと思います。

スポンサードリンク

 

金額の相場は、いただいたお祝いの金額(品)の3分の1(3割)から半額程度の『半返し』の品物を『内祝い』としてお返しします。

 

こどもの日のお礼の仕方は?

 

こどもの日のお礼の仕方は、当日招待して来た方(両方の両親だけの場合が最近多い)や近くの方には、柏餅、赤飯、ちまきなどをお土産に渡し、それ以外は、タオルなどの日用品か、日持ちするクッキー、カステラ、ゼリーなどのお菓子をお礼状や写真と一緒に贈るのが良いかと思います。

 

紅白蝶結びの水引き、のしつきで、表書きには初節句の場合『初節句内祝い』、または『内祝い』で、下の名前は、お子さんの名前にします。

こどもの日のお祝いをいただいたら、いただいた当日から翌日までにお礼の電話はした方が良いと思います。

 

まとめ

 

  • こどもの日のお祝いのお返しは必要かは、基本的に必要ない。その代わり、こどもの日に自宅に呼んで、近くで外食か食事のおもてなしをする。お祝いの席を設けなかった場合や招待したのに欠席された方などには、『内祝い』でお返しする。
  • こどもの日のお返しはいつするかは、5月5日(お祝いした日)から1週間以内、遅くても1ヶ月以内。
  • こどもの日のお礼の仕方は、当日招待して来た方や近くの方には、柏餅、赤飯、ちまきなどをお土産に渡し、それ以外は、日用品か、日持ちするお菓子をお礼状や写真と一緒に贈るのが良い。こどもの日のお祝いをいただいた当日から翌日までにお礼の電話はする。

 

こどもの日のお祝いのお返しは必要か、いつお礼をするについて、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA