こどもの日にプレゼントはあげる?何歳までかおすすめは?

   2017/07/16

こどもの日にプレゼント

 

こどもの日があります。

こどもの日にプレゼントはあげるか、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、こどもの日にプレゼントはあげるか、何歳までかおすすめについて、お伝えします。

 

スポンサードリンク

こどもの日にプレゼントはあげる?

 

こどもの日にプレゼントはあげるかは、ご家庭の事情によります

 

こどもの日は、祝日法第二条で『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する』という日のようです。それに、こどもの日である5月5日は、端午の節句なので、子供の成長を喜びお祝い(パーティー、ご馳走など)することも多いです。それで両親や祖父母など、プレゼントをあげる方もいます。

 

とはいえ、こどもの日にプレゼントはあげないという方は多いです。その多くが自分がもらったことがないことが理由なようです。プレゼントは誕生日とクリスマスだけで十分という方もいました。

 

自分がもらったことがあるかないかで、あげるかどうかに影響してそうですが、プレゼントはないけど、外食をしたり、自宅でも唐揚げ、ピザ、サンドイッチなど、パーティーのようなことをする家庭は多いです。

私の場合、こどもの日に親からプレゼントをもらっていました(祖父母など、両親以外からはもらったことがありません)。

 

こどもの日にプレゼントは何歳まで?

 

こどもの日にプレゼントは何歳までかは、ご家庭の事情によります

スポンサードリンク

そもそも何歳までこどもなのか疑問に思うかもしれません。未成年でいうと20歳未満になるわけですが、小学生か中学生までと思う方も多いです。

 

そして、総務省統計局では、こどもの数を推計するときに『15歳未満人口』となっていることや、奈良時代以降、男子が成人になったことを示す儀式である元服(げんぷく・げんぶく)は、11~16歳の間(主に15歳)に行われたようなので、中学3年生の15歳になるまでが『こども』ともいえそうです。

 

とはいえ、ご家庭によるので、プレゼントは何歳までかは気持ちによると思います。ちなみに私の場合、高校生までもらっていました。バイトも春・夏・冬休み中に短期でならしてましたが、それでも助かりました。

 

こどもの日のプレゼントでおすすめは?

 

こどもの日のプレゼントでおすすめは、子供が小さければ、文具、絵本、おもちゃ、ゲームで、中学生以上の場合、現金が良いと思います。

基本的には、子供が欲しい物をプレゼントするのが良いと思いますが、そのご家庭の方針があると思いますので、ご家庭で決めるのが良いかと思います。

 

ちなみに、こどもの日のプレゼントの金額の相場は、低学年の場合、3000円~5000円程度、それ以上は、5000円~10000円のようです。

私の場合、小学生のころはおもちゃ・ゲームで、現金をもらうようになった中学生からは、ずっと5千円でした。

 

まとめ

 

  • こどもの日にプレゼントはあげるかは、ご家庭の事情による。ただ、こどもの日にプレゼントはあげないという方は多く、それでも、外食やパーティーのようなことをする家庭は多い。
  • こどもの日にプレゼントは何歳までかは、ご家庭の事情による。そもそも何歳までこどもなのかは、15歳になるまでともいえそう。
  • こどもの日のプレゼントでおすすめは、子供が小さければ、文具、絵本、おもちゃ、ゲームで、中学生以上の場合、現金が良いと思う。

 

こどもの日にプレゼントはあげるか、何歳までかおすすめについて、お伝えしました。

ご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA