ひな祭りで男の子だけ…お祝いはする?やり方は?

 

ひな祭り

 

3月といえば、ひな祭りですね。

ひな祭りで男の子だけの場合どうするか、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、ひな祭りで男の子だけの場合、お祝いはするか、やり方について、お伝えします。

 

スポンサードリンク

ひな祭りで男の子だけ…

 

ひな祭りで子供は男の子だけ…

お祝いしても良いの?って疑問に思うのではないでしょうか?

 

女の子がいれば、ひな祭りをする家庭も多いと思います。

では、男の子だけだったら?

私の体験も含めて、調べてみました。

 

ひな祭りで男の子しかいなくてもお祝いはする?

 

ひな祭りは、昔(上巳の節句)は男女関係なく、厄払いや邪気祓いの行事でした。

しかし、端午の節句が男の子の立身出世を願う行事になり、上巳の節句は女の子の幸せを願うものに変化しました。なので、現在では女の子の節句とも言われています。

 

中部地方では、今でも男女関係なく『子どもの厄除けの日』としてひな祭りを祝う習慣が残っている所があるそうです。

 

とはいえ、ひな祭りで男の子しかいなくてもお祝いはするかは、一般的にお祝いしません

スポンサードリンク

やはり、男の子の場合は、端午の節句(5月5日)にお祝いします。

 

ただ、全員男ならまだしも、母親は女性なので、自分のお雛様を飾ったり、男の子だけでも折り紙のひな人形なら飾ったことがあるという意見もありました。

私の実家は、私を含めて子供は男だけでしたが、ひな祭りでお祝いしませんでした。

 

ひな祭りのやり方は?

 

ひな祭りのやり方は、当日までに雛人形を飾り(ただし、一夜飾り(3月3日の前日)は避けて、2・3週間前が良い)、ちらし寿司、雛あられ、ひし餅、ハマグリのお吸い物などを食べたり、甘酒を飲むのが一般的です。

そして、雛人形は遅くとも3月中旬頃までに片付けるのが良いようです。

 

ただ、その中でも多いのが『ちらし寿司』と『ひなあられ』を食べることです。

私の場合、ちらし寿司は端午の節句の時でしたが、ひなあられは、なぜかひな祭りに食べてました。

 

ひな祭りで男の子しかいなくても、給食でも食べましたし、ひなあられは食べる方も多いのではないでしょうか。

 

まとめ

 

  • ひな祭りで男の子しかいなくてもお祝いはするかは、一般的にお祝いしない。でも、お祝いする家庭はある。
  • ひな祭りのやり方は、当日までに雛人形を飾り、ちらし寿司、雛あられ、ひし餅、ハマグリのお吸い物などを食べたり、甘酒を飲むのが一般的。男の子だけの家庭の場合でも、ひなあられは食べる方は多いかも。

 

ひな祭りで男の子だけの場合、お祝いはするか、やり方について、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、行っていただければと思います。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA