節分の豆で余ったのはどうする?捨てるか残りで料理する?

 

節分の豆で余った

 

2月といえば、節分ですね。

節分の豆で余ったのはどうするか、悩むのではないでしょうか?

今回は、節分の豆で余ったのはどうするか、捨てるか残りで料理するについて、お伝えします。

 

スポンサードリンク

節分の豆で余ったのはどうする?

 

節分の豆で余ったのはどうするかは、次がありました。

  • 余った豆をそのまま食べる。
  • 余った豆を料理して食べる。

 

両方とも節分の日の翌日以降に食べます。

ただし、賞味期限が切れていたら捨てます(人によります)。

 

節分の豆は捨てる?

 

節分の豆で余ったのは、基本的に捨てずに食べる方が多いです(賞味期限が切れていたら捨てる)。

撒いた豆については、本来は福は内として撒いた豆を食べるので、捨てません。『床にまいた豆を食べられるほど清潔に掃除をしておけば、病気にならず、幸せに暮らせる』という意味があるので、撒いた豆でも食べるわけです。

スポンサードリンク

 

ただし、それでも状態を見て食べるのに抵抗がある場合、節分の翌日にでも捨てた方が良いです(迷惑がかかる場所は、すぐに片づける)。

 

節分の豆の残りで料理する?

 

節分の豆の残りで料理する場合、次がありました。

 

きなこにする

ミルサーを使ったり、すりつぶしてきなこにします。

牛乳に入れたり、きな粉餅にします。

 

豆ご飯にする

お米をといで、いつもどおりの水加減にします。

そこに豆を入れてお醤油と塩を加え、ひと混ぜして炊きます。

米1合につき、お醤油大匙1/2杯と塩小さじ1/5程度で、炊きあがって味が薄かったら、塩コンブを加えて調節するようです。

 

その他

半日ぐらい水につけてふやかしておいて、水を切った後で天ぷら(かき揚げにする感じ)にしたり、溶かしたチョコレートに混ぜたり、カスレ、煮物、スープ類、砂糖を絡めたお菓子などにも使う方もいました。

 

まとめ

 

  • 節分の豆で余ったのは、そのまま食べるか、料理して食べることが多い。
  • 節分の豆は基本的に捨てずに食べる方が多い。撒いた豆は、本来は福は内として撒いた豆を食べるので、捨てないが、状態を見た方が良い。
  • 節分の豆の残りの料理は、きなこにしたり、豆ご飯などがある。

 

節分の豆で余ったのはどうするか、捨てるか残りで料理するについて、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、行っていただければと思います。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA