節分の豆の数は年齢だけ食べる?理由と早生まれの場合は?

 

節分の豆の数

 

2月といえば、節分ですね。

節分の豆の数はいくつ食べるのか、疑問に思うのではないでしょうか?

今回は、節分の豆の数は年齢だけ食べるか、理由と早生まれの場合について、お伝えします。

 

スポンサードリンク

節分の豆の数は年齢だけ食べる?

 

節分については、節分はいつ?やることや豆は何にする?の記事をご覧ください。

 

節分の豆の数は、自分の年齢(数え年)の数だけ、あるいは年齢(数え年)+1だけ食べます。昔は、年齢は数え年が主流だったためですが、今では年齢は満年齢として、豆の数を食べる方も多いです。

どちらが良いの?って思われますが、地域やご家庭によりますが、どちらでも問題ありません。私の場合、満年齢+1で食べてました。

 

ちなみに、満年齢は、生まれた時が0歳で、翌年から誕生日ごとに年をとります。数え年は、生まれた時が1歳で、誕生日が来る前に1月1日に年をとります。

スポンサードリンク

 

節分の豆の数の理由は?

 

節分の豆の数の理由は、次となります。

  • 年齢の数だけ食べる:年の数だけ豆を食べることで、年齢と同じ数だけ福を身体に取り入れるため。
  • 年齢+1の数だけ食べる:来年も健康で幸せに過ごせるようにとの願いのため。

 

他にも、昔は節分(立春の前日)が大晦日に相当する大事な日と考えていたため、翌日の立春から1年が始まるという考えから、『来年のために』という+1個のようです。

 

節分の豆の数で早生まれの場合は?

 

節分の豆の数で早生まれの場合は、年齢は数え年の数だけ食べるとした場合、次になります。

  • 節分以前が誕生日:満年齢+1だけ食べる。
  • 節分より後が誕生日:満年齢+2だけ食べる。

 

まとめ

 

  • 節分の豆の数は、自分の年齢(数え年)の数だけ、あるいは年齢(数え年)+1だけ食べる。地域や家庭によるが、どちらでも問題ない。
  • 節分の豆の数の理由は、年齢の数だけ食べる:年の数だけ豆を食べることで、年齢と同じ数だけ福を身体に取り入れるため、年齢+1の数だけ食べる:来年も健康で幸せに過ごせるようにとの願いのため。
  • 節分の豆の数で早生まれの場合は、年齢は数え年の数だけ食べるとした場合、節分以前が誕生日:満年齢+1だけ食べる、節分より後が誕生日:満年齢+2だけ食べる。

 

節分の豆の数は年齢だけ食べるか、理由と早生まれの場合について、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA