良いお年をの続きの言葉は?目上の方への挨拶やいつから言う?

 

良いお年をの挨拶

 

良いお年を!

仕事納めで会社の先輩や上司などから言われたり、逆に言いたい場合、何て言えば良いのか悩まれるのではないでしょうか?

今回は、良いお年をの続きの言葉、目上の方への挨拶やいつから言うについて、お伝えします。

 

スポンサードリンク

良いお年をの続きの言葉は?

 

良いお年をを略さないで続きの言葉は何か悩まれるかと思います。良いお年をの続きの言葉は、基本的には『お迎え下さい』です。

 

『お迎えください』と『お過ごしください』で迷われる方も多いですが、正確には、相手がどういう意図で言ったのかによるものの、『お迎えください』であることが多いです。

 

年末は、大掃除やお正月の準備などやることが多く、誰もが忙しい時期で、大晦日(12月31日)を迎えるまでにしなければならないことがいろいろありました。そんな忙しい年末を頑張って乗り切り、お互い無事に良い状態で新しい年を迎えられるように言った年末の別れの挨拶のようです。

 

なので、略さないで言うのであれば、『良いお年をお迎え下さい』で良いわけです。

 

良いお年をで目上の方への挨拶はどうする?

 

友人など気軽に話せるような親しい仲であれば、『良いお年を』で悩む必要はないですが、目上の方への挨拶はどうするか悩まれるかと思います。

スポンサードリンク

 

良いお年をで目上の方への挨拶はどうするかは、『今年は大変お世話になりました。どうぞ良いお年をお迎え下さい(ませ)』で良いと思います。そして、挨拶しながら軽くお辞儀するくらいです。

 

もし、相手が先輩や上司など『良いお年を』を言うのにわからない・抵抗がある場合、『今年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。』と代わりに挨拶したり、相手から言われたら返事をするのが良いと思います。

 

良いお年をは時期はいつから言う?

 

仕事納めで言うことが多いですが、良いお年をは時期はいつから言うか悩まれるかと思います。良いお年をは時期はいつから言うかは、特に決まりはありませんが、一般的には12月下旬で年内にもう会うことがない相手に対して言います

 

多いのがクリスマスあたりからですが、中旬などでも年内会うことがないとわかっていれば、『少し早いですが』と断った上で用いる方もいます。

 

ちなみに、いつまでかは12月30日までで、前述した大変な時期を乗り越えた大晦日に言うのは遅いためです。とはいえ、言われたら返事はした方が無難だと思います。そして、年が明けてから言うのは、間違っていますので注意が必要です。

 

もし、いつから言うか悩まれる場合は、前述した代わりの挨拶(来年もよろしくお願いいたします。)をして、相手から言われたら返事(良いお年をお迎え下さい)をするのが良いかもしれません。相手や状況を考慮して決められるのが良いかと思います。

 

まとめ

 

  • 良いお年をの続きの言葉は、基本的には『お迎え下さい』。
  • 良いお年をで目上の方への挨拶はどうするかは、『今年は大変お世話になりました。どうぞ良いお年をお迎え下さい(ませ)』で良いと思う。
  • 良いお年をは時期はいつから言うかは、特に決まりはないが、一般的には12月下旬で年内にもう会うことがない相手に対して言う。

 

良いお年をの続きの言葉、目上の方への挨拶やいつから言うについて、お伝えしました。

相手を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA