クリスマスプレゼントで現金を子供にあげる?金額の相場に渡し方は?

 

クリスマスプレゼントで現金

 

クリスマスプレゼントで現金を子供にあげたいと思っています!

クリスマスプレゼントで現金を子供にあげるのは良いか、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、クリスマスプレゼントで現金を子供にあげるか金額の相場に渡し方について、お伝えします。

 

スポンサードリンク

クリスマスプレゼントで現金を子供にあげる?

 

親だけど、クリスマスプレゼントで現金を子供にあげても良いか悩まれるかと思います。クリスマスプレゼントで現金を子供にあげるかは、あげるご家庭も多いです。

 

クリスマスプレゼントといえば、ゲームソフトやおもちゃなど何か物を贈るかと思われますが、サンタがいないと子供がわかったり、子供からお金が欲しいと言われたりなどした時に、プレゼントを現金に変えるようです。

 

早いと小学4年生くらいの年齢からで、多いのが中学生や高校生からです。私も中学生くらいからクリスマスプレゼントは現金をもらっていました。それに、毎月のお小遣いと同様で、自分で計画を立てて何にどうお金を使うのかを考えながら買い物するという経験ができます。

 

もし、現金を渡すのに抵抗がある場合、一緒に買い物に行って買ってあげたり、商品券や図書カードなどをプレゼントしても良いと思います。個人的には、中学生以上であれば、現金でも良いと思いますが、ご家庭の方針によるので、ご家庭で決められるのが良いかと思います。

スポンサードリンク

 

クリスマスプレゼントの金額の相場はいくら?

 

クリスマスプレゼントの金額の相場はいくらか疑問になるかと思います。クリスマスプレゼントの金額の相場はいくらかは、小学生の場合、3000円~5000円、中学生の場合、5000円、高校生の場合、5000円~10000円です。

 

なので、現金も同じくらいで問題ないと思います。祖父母や親戚などから贈る場合、あまり会わないようだと小学生でも5千円~1万円など相場より高いようです。私の場合、中学生でも高校生でも5千円でした。

 

中学生だと5千円、高校生だと1万円をあげるご家庭が多く感じましたが、誕生日プレゼントやお年玉なども渡す予定があるなら考慮して金額を決めた方が良いです。ご家庭の事情や方針によって様々ですので、しっかり判断して決められるのが良いかと思います。

 

クリスマスプレゼントの渡し方は?

 

現金の場合、クリスマスプレゼントの渡し方を疑問になるかと思います。クリスマスプレゼントの渡し方は、直接渡すのが良いかと思います

 

プレゼントの渡し方といえばサプライズで、サンタクロースとして渡したり、直接渡さないで自分で見つけさせるなど方法はご家庭によって様々ですが、現金の場合、直接手渡しでも良いと思います。

 

クリスマスプレゼントをいつ渡すかは、12月24日のクリスマスイブか、12月25日のクリスマス当日が多いです。私の場合、ポチ袋などなく、そのまま5千円をもらっていました。

 

現金をそのまま渡すのに抵抗がある場合、クリスマス用のポチ袋もありますので、探されてみてはいかがかと思います。

 

まとめ

 

  • クリスマスプレゼントで現金を子供にあげるかは、あげるご家庭も多い。
  • クリスマスプレゼントの金額の相場はいくらかは、小学生の場合、3000円~5000円、中学生の場合、5000円、高校生の場合、5000円~10000円。
  • クリスマスプレゼントの渡し方は、直接渡すのが良いかと思う。

 

クリスマスプレゼントで現金を子供にあげるか金額の相場に渡し方について、お伝えしました。

ご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA