飲み会のキャンセル理由はどうする?前日の場合に料金の相場はいくら?

   2017/10/01

飲み会のキャンセル

 

飲み会のキャンセルがしたいです!

飲み会のキャンセル理由はどうするか、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、飲み会のキャンセル理由はどうするか、前日の場合に料金の相場はいくらについて、お伝えします。

 

スポンサードリンク

飲み会のキャンセル理由はどうする?

 

一度は会社・職場の飲み会の出欠確認メールで出席・参加とメール返信したものの、やっぱり飲み会のキャンセルをしたい場合、キャンセル理由・言い訳はどうするか悩まれるかと思います。

 

飲み会のキャンセル理由はどうするかは、どうしても外せない用事ができたと伝えるのが良いかと思います基本的には、仕事が入った、子供など家族の面倒・実家の都合などがあります。

 

飲み会の欠席については、飲み会を欠席したいならどうする?理由やメール返信の文例は?の記事でお伝えしましたが、出席連絡をした上でのキャンセルは、やはり突然の用事、早めに帰らなければならなくなったなどの理由が多く感じました。

 

出席連絡をした後といっても、ご家庭の事情や状況によっては、参加できないこともあります。なので、出席できなくなったなら、できるだけ早めに幹事などにキャンセルの連絡をした方が良いです。

 

飲み会のキャンセルを前日にする場合は?

 

飲み会のキャンセルを前日にする場合はどうするか悩まれるかと思います。飲み会のキャンセルを前日にする場合は、できるだけ早めに幹事にメールや電話などでキャンセルの連絡をするのが良いかと思います

 

居酒屋によっては、予約日の当日、前日、3日以内などでのキャンセルは、キャンセル料金がかかることが多く、キャンセル料がかからないように、早めにキャンセルする必要があるためです(コース料理の予約に多いです)。

スポンサードリンク

 

人数が多く規模が大きい飲み会の場合、一週間前など居酒屋や状況によって様々です。なので、飲み会のキャンセルはいつまでにするかは、幹事がメールで伝えているキャンセル期限日だったり、記載してない場合、キャンセルする必要があったら早めに伝えた方が良いです。

 

もし、キャンセル料金が発生する場合、キャンセル料を支払う必要があります。体調不良などで当日にキャンセルすることになった場合、会社の飲み会をドタキャンする?理由や言い訳に仕方は?の記事もご覧ください。

 

飲み会のキャンセル料金の相場はいくら?

 

飲み会をキャンセルする場合に、キャンセル料金の相場はいくらか悩まれるかと思います。飲み会のキャンセル料金の相場はいくらかは、居酒屋によりますが、主に当日キャンセルの場合、半額~全額、前日~3日前の場合、3割~5割を負担することが多く感じました

 

とはいえ、前日キャンセルでも全額負担した方もいるようなので、居酒屋・店や飲み会の規模などによって様々です。ただ、幹事によっては、参加者全員に負担してもらうなどキャンセル料を徴収しなかったり、居酒屋によっては、料理を提供していなければキャンセルできるところもあるので、キャンセル料金を払うかは状況によって様々です。

 

基本的には、キャンセル料金が発生する期間でキャンセルする場合、キャンセルした人がキャンセル料金を払うと思った方が良いので、しっかり幹事と話し合われるのが良いかと思います。

 

まとめ

 

  • 飲み会のキャンセル理由はどうするかは、どうしても外せない用事ができたと伝えるのが良いかと思う。
  • 飲み会のキャンセルを前日にする場合は、できるだけ早めに幹事にメールや電話などでキャンセルの連絡をするのが良いかと思う。キャンセル料金が発生する場合、キャンセル料を支払う必要がある。
  • 飲み会のキャンセル料金の相場はいくらかは、居酒屋によるが、主に当日キャンセルの場合、半額~全額、前日~3日前の場合、3割~5割を負担することが多く感じた。

 

飲み会のキャンセル理由はどうするか、前日の場合に料金の相場はいくらについて、お伝えしました。

幹事や居酒屋を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA