お土産をもらったお礼はどうする?言葉や言い方は?

   2017/07/16

お土産をもらった

 

マンションのお隣さんからお土産をもらいました。

お土産をもらったお礼はどうするか、悩まれるのではないでしょうか?

今回は、お土産をもらったお礼はどうするか、言葉や言い方について、お伝えします。

 

スポンサードリンク

お土産をもらったお礼はどうする?

 

お土産をもらったお礼はどうするかは、お礼の言葉を言います。なので、基本的にお土産のお返しをする必要はありません。もらった時にお礼の言葉は言った方が良いですし、相手によっては、後日、再度お礼・感想を言った方がいい場合もあります

 

それに、お土産のお返しは不要と伝えたものの、あなたがどこか旅行に行った時に買ったお土産を渡すのが無難です。もし、旅行に出かけない場合、あなたがおすすめだと発見したお菓子などでも良いかと思います。

 

うちの場合、母の田舎から野菜やそら豆、サザエ、サンマなどがよく送られてくるので、おすそ分けした結果、お土産をいただくことが多いです(とはいえ、どこか旅行に行った場合は、お土産を渡します)。

 

お隣さんやご近所付き合いなど相手によるので、どうするか考慮して決められるのが良いかと思います。

 

お土産のお礼の言葉は?

 

お土産をもらったはいいものの、『いただきます』、『ごちそうさまです』、『頂戴いたします』など何て言えば良いのか疑問になるかと思います。お土産のお礼の言葉は、『ありがとうございます。いただきます。』や『ありがとうございます。ごちそうさまです。』で良いと思います

スポンサードリンク

 

『ごちそうさまです』は、もともと『あちこち走り回って美味しいものを調達してくださってありがとうございます。』という、おいしい料理、あるいは料理を提供することの意味です。ただ、現在では食後の挨拶語として使われるため、気になる場合『いただきます。』が良いかと思います。

 

私の場合、お隣さんから頂いた時は『ありがとうございます。ごちそうさまです。』と言いました。相手によっては『有り難く、頂戴いたします。』と言った方が良いかもしれません。

 

再度お礼・感想を言う場合、『ごちそうさまでした。美味しかったです。』、『家族で美味しく頂きました。』などで良いと思います。相手との仲にもよるので、考慮して決められるのが良いかと思います。

 

お土産のお礼の言い方は?

 

お土産のお礼の言い方は、渡された時に直接お礼を言った方が良いです。お礼の言葉は、前述したとおりです。

 

相手によっては、お土産を渡される時にそんなもの、安いもの、大したものじゃなくてや、『つまらないものですが』と言う方もいて、失礼と思ってしまうかもしれませんが、以前は謙遜の言葉として使われていたためだと思うので、あまり気にしすぎない方が良いかと思います。

 

まとめ

 

  • お土産をもらったお礼はどうするかは、お礼の言葉を言うので、基本的にお土産のお返しをする必要はない。ただし、あなたがどこか旅行に行った時に買ったお土産を渡すのが無難。
  • お土産のお礼の言葉は、『ありがとうございます。いただきます。』や『ありがとうございます。ごちそうさまです。』で良いと思う。
  • お土産のお礼の言い方は、渡された時に直接お礼を言った方が良い。

 

お土産をもらったお礼はどうするか、言葉や言い方について、お伝えしました。

各地域の風習やご家庭の事情を考慮して、少しでも参考になればと思います。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA